Now Loading...

close

保険に関するQ&AQ & A

傷害保険(ケガの補償)

  • 傷害保険とは、どのような保険ですか?

    被保険者が、「急激・偶然・外来の事故」により負傷し、それを原因に死亡または後遺障害状態となった場合に補償を受けることが出来る保険のことです。所定の条件により、死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院保険金などが支払われます。

    傷害保険は、日常生活における主な傷害を補償していると言えます。最も基本的な「普通傷害保険」は国内外を問わず、家庭内・職場・通勤中・旅行中など日常生活で起こる急激・偶然・外来の事故により負傷し、その結果死亡もしくは後遺障害、入院・通院が補償されています。「普通傷害保険」と同様の危険に関して家族も対象とする「家族傷害保険」をはじめ「交通事故傷害保険」「国内旅行傷害保険」「海外旅行傷害保険」「自転車総合保険」など特定のニーズに特化した内容の商品も多数発売されています。

    生命保険と似ている部分がありますが、一部の商品を除き疾病は対象外となる点が大きな違いです。

  • 傷害保険における「急激・偶然・外来の事故」とは、どのような事故ですか?

    傷害保険において、保険事故とされるのは「急激・偶然・外来の事故」とされています。
    「急激」とは、その事故が突発的に発生し、事故からケガまで時間的な間隔が短いこと。
    「偶然」とは、事故の原因、結果ともに偶然で、予測されない出来事であること。
    「外来」とは、ケガの原因が被保険者の体の外からの作用であること。
    と、定義されています。

    例えば、靴ずれや各種職業病、車酔いなどはこれに該当しません。

  • 傷害保険で補償されないのは、どのような場合ですか?

    被保険者の故意による事故、自殺・犯罪・闘争行為
    ・被保険者の無免許運転もしくは酒気を帯びた状態・麻薬・シンナーなどの薬物の影響により正常な運転が出来ない恐れのある状態で生じた事故
    ・被保険者の脳疾患、疾病、心身症
    ・被保険者の妊娠、出産、流産または外科的手術その他の医療処置
    ・地震または噴火またこれらを原因とする津波 ※
    ・戦争その他の変乱
    ・山岳登はん、リュージュ、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗その他のこれらに類する危険行為 など
    (※「天災危険担保特約」を付加することで補償を受けることが出来ます。)

  • 傷害保険の契約をする場合、申込書に職業や他の保険会社の傷害保険への加入状況を記入しなければならないのですか?

    傷害保険の契約に際して、保険契約者(被保険者)は次の項目に関して告知義務がありますので、申込書には正しく記載しなくてはなりません。

    ・被保険者の年令、性別、職業、職務
    ・過去における傷害保険金の請求(5万円以上)や受領の有無
    ・同一の被保険者の他の傷害保険契約の有無 など
    告知義務に違反した場合は、保険金を受取ることが出来なくなったり、契約を解除されたりする場合があります。

  • 海外旅行傷害保険とは、どのような保険ですか?

    海外旅行中(住居を出発してから帰宅するまでの間)に起こりうる事故を総合的に補償している保険のことです。旅行中の事故による死傷・後遺障害に対する保険金、医師の治療を受けた場合の費用(一定額ではなく、実費で受取れます)はもちろん、特約を付加することで、旅行中の病気(疾病特約)、自身の持ち物の盗難や破損(携行品特約)などの補償を受けることも出来ます。

    また、保険期間を長くすることで、留学や駐在を目的とした海外滞在の場合でも契約することが出来ます。

  • 海外旅行傷害保険で補償されないのは、どのような場合ですか?

    海外旅行傷害保険では、次のような場合は免責となります。

    <ケガ・疾病共通>
    故意による身体障害、自殺・犯罪・闘争行為による身体障害、刑の執行によって被った身体障害、頸部症候群(むちうち症)・腰痛で他覚症状のないもの、戦争・内乱・暴動による身体障害、核燃料物質によって汚染されたものの放射性による事故で被った身体障害 など

    <ケガ>
    無資格運転・酒気を帯びた状態での運転中のケガ、麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナーなどを使用した運転中のケガ、脳疾患・心神喪失によるケガ など

    <疾病>
    保険金を支払うべきケガに起因する疾病、妊娠・出産・早産・流産に起因する疾病、歯科疾病、旅行開始前または旅行終了後72時間経過後に発病した疾病 など