Now Loading...

close

保険に関するQ&AQ & A

医療保険

  • 医療保険とは、どのような保険ですか?

    被保険者が、病気や(急激・偶然・外来の事故による)ケガで入院した時に、その治療によって生じた経済的な損失に対する補償を主とする保険のことです。ガン保険も医療保険の一種です。

    支払われる保険金には主に次のようなものがあります。傷害入院保険金、疾病入院保険金、傷害手術保険金、疾病手術保険金、傷害通院保険、疾病通院保険金、傷害死亡保険金、葬祭費用保険金などです。これらの保険金が支払われる条件は商品によって異なります。

  • 医療保険を選ぶポイントは何ですか?

    医療保険の保障も刻々と進化しています。

    そこで一般的に選ぶポイントは「入院一日あたりいくら支払われるのか?」「何歳まで保険が有効なのか」「入院期間の何日まで支払われるのか?」「保険料がいくらなのか」などたくさんあり悩むところです。

    これらを公的な医療保険制度と照らし合わせ、ご自身にぴったりの条件を見つけるのは至難の業。
    ぜひ保険ステーションのプロのスタッフにお気軽にご相談ください。

  • 医療保険で補償されないのは、どのような場合ですか?

    医療保険では、次のような場合は免責となります。

    <ケガ・疾病共通>
    故意による身体障害、自殺・犯罪・闘争行為による身体障害、刑の執行によって被った身体障害、頸部症候群(むちうち症)もしくは腰痛で他覚症状のないもの、地震・噴火またはこれが原因の津波による身体障害、戦争、内乱、暴動などによる身体障害、核燃料物質によって汚染されたものの放射性等による事故で被った身体障害

    <ケガ>
    無資格運転・酒気を帯びた状態での運転中のケガ、麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナー等を使用した運転中のケガ、外科的手術その他の医療処置によるケガ、精神障害の状態を原因とする事故によるケガ、山岳登はん、リュージュ、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗その他これらの類する危険な運動中のケガ

    <疾病>
    麻薬・大麻・あへん・覚せい剤・シンナーなどの使用による疾病、妊娠・出産(正常分娩でないと認められる場合を除く)、薬物依存・アルコール依存による疾病

  • 医療保険契約が無効となるのは、どのような場合ですか?

    医療保険契約が無効とされるのは、以下のような場合です。

    ・契約の際に保険契約者、被保険者、保険金の受取人(代理人含む)に次の事実があった場合
     ①保険契約に関して、詐欺行為があった
     ②既に支払事由、保険料の払込の免責事由またはこれらの原因が発生していたことを知っていた
     ③保険契約申込書に記載された被保険者の契約年令に誤りがあり、実際の年令が契約当時、引受対象年令の対象外であった

    ①②の場合は、保険料の返還はありません。③の場合には保険料は返還されます。