Now Loading...

close

保険に関するQ&AQ & A

自動車保険

  • 自賠責保険では、どのような損害が補償されるのですか?

    自賠責保険とは、自動車の運行による人身事故の被害者救済を目的とした保険です。被害者に対しての法律上の損害賠償責任を負った場合、以下のような内容で補償を受けることが出来ます。

    <死亡>保険金の上限(1人につき)3,000万円

    葬儀代・逸失利益・慰謝料(被害者本人に対し)・遺族への慰謝料 など

    <ケガ>(1人につき)保険金の上限120万円

    治療費・看護料・通院看護料・義肢等の費用・診断書等の費用・文書料・休業損害・慰謝料 など

    <後遺障害>(1人につき)常時要介護の場合保険金上限4,000万円・随時要介護の場合保険金上限3,000万円

    逸失利益・慰謝料 など

  • 自賠責保険で補償されないのは、どのような場合ですか?

    自賠責保険とは、自動車の運行による人身事故の被害者救済を目的としていますが、以下のような場合では適用されません。

    ・保険契約者または被保険者の悪意による場合
    ・重複契約の場合(契約日が遅い方が無効となります)
    ・加害者に全く過失がない場合
    ・自損事故の場合
    ・自動車の運行による死傷ではない場合 など

  • 自賠責保険証明書を紛失してしまいました。どうしたら良いですか?

    再発行のお手続きをする必要があります。お手続きの方法や必要書類についてご案内いたしますので、保険ステーションまでご連絡ください。
    自賠責保険証明書は、全ての自動車に備え付けておくことが義務づけられている書類です。不携帯の場合30万円以下の罰金となりますので、速やかに再発行のお手続きをいただき、その期間内は自動車の運行はご遠慮ください。

  • 自賠責保険に加入しているので、任意の自動車保険は必要ないでしょうか?

    自賠責保険とは、自動車の運行による人身事故の被害者救済を目的としており、運転者自身の死傷、自損事故や物損事故での損害賠償責任については補償の対象とはなりません。また、自賠責保険での対人賠償額には限度があります。人身事故での損害賠償額は高額になるケースも多いことから任意の自動車保険での賠償資力を備えておくことは必要だと言えます。

  • 交通事故を起こして保険金の請求をしようとしたところ、「保険請求をしない方が良い」と言われてしまいました。なぜでしょうか?

    自動車保険の仕組みは、ノンフリート等級別料率制度が一般的です。これは、前年度中の保険事故の有無(回数)で次年度の割引(割増)率が決定されるものです。つまり保険事故として請求し保険金の支払いを受けると次年度の保険料が高くなる場合があります。支払われる保険金額と次年度以降の保険料の増加額を比較し、保険金の請求をしない方が契約者の方の負担が少なくなるような場合には、保険金の請求をお勧めしない場合があります。

  • 車を買替えましたが、どうしたら良いですか?

    車両入替のお手続きをする必要があります。お手続きが完了するまでの期間中に新しく取得された車に生じた損害については補償されない場合があります。

    ※お手続きには新しい車の車検証(写)が必要となりますので、予めご準備ください。

  • 「運転者家族限定特約」で補償の対象となる家族の範囲は?

    「家族限定」とは一般的には、

    ・記名被保険者(主にご契約の車を使用している人で保険証券に記名被保険者として記載されている人)
    ・記名被保険者の配偶者
    ・上記の方の同居の親族もしくは別居の未婚の子供(6親等以内の血族及び3親等以内の姻族)
    のことを示しています。上記以外の人が運転していた場合の事故は補償対象外となります。

  • 転居したため車の登録番号(ナンバープレートに記載される数字や記号)が変わりました。どうしたら良いですか?

    登録番号変更のお手続きをする必要があります。お手続きの方法や必要書類についてご案内いたしますので、至急保険ステーションまでご連絡ください。

  • 2台目の自動車を購入したのですが、自動車保険の優遇措置はありますか?

    「セカンドカー割引(複数所有新規割引)」が適用されます。一般的には2台目以降の車は7(S)等級からの契約が可能になります。(新規契約では6(S)等級からスタート)割引や条件の詳細は各保険会社によって異なりますので、詳しくは保険ステーションまたはご契約の保険会社までお問合せください。