マイルが貯まるクレジットカードおすすめ15枚を徹底比較!航空系で最強のカードを紹介

マイルが貯まるクレジットカードは、1ヶ月あたり約26万円の利用で2,600マイルを貯めることが可能です。

さらにグループ便の利用やカード継続でボーナスマイルがもらえるクレジットカードもあり、お得にマイルを獲得できます。

ただしクレジットカードごとにマイル還元率は異なるため、ブランドによっては獲得できるマイル数が半減するケースがあります。

1ヶ月当たりの支出 マイル還元率 1ヶ月当たりのマイル獲得数 ボーナスマイル 年間マイル獲得数
263,833円* 1.0% 2,638マイル 1,000マイル 32,656マイル
0.5% 1,319マイル 15,828マイル

総務省家計調査が発表している消費支出の平均額です。

効率よくマイルを貯めたいのなら、高還元なうえにボーナスマイルがもらえるクレジットカードを発行するのが最適です。

この記事でわかること
  • マイルが貯まりやすいクレジットカードは追加でボーナスマイルがもらえる航空会社の提携カード
  • ANAアメリカン・エキスプレス・カードは毎年もれなく1,000マイルがもらえる
  • JALカード 普通カードは飛行機に搭乗するごとに1,000マイル加算される
  • クレジットカードでマイルを貯めるなら提携カードで買い物をすると高還元を受けられる

マイルが貯まるクレジットカードでおすすめの15枚は、以下のとおりです。

この記事では、航空会社ごとにマイルが貯まりやすいクレジットカードを紹介していきます。

買い物でマイルを貯められる陸マイラー向けのクレジットカードや効率良く獲得する方法についても詳しく解説していきますので、参考にしてください。

目次

マイルを貯めるならANAとJALのどちらがいい?貯めやすさで選ぶならANA一択

ANAとJAL

結論から言うと、マイルを貯めるならANAの提携カードを選択するのが最適です。

意外と知られていませんが、マイルには有効期限があり、JAL(日本航空)ANA(全日本空輸)のどちらも獲得してから36ヶ月経つと失効してしまいます。

しかしANAは国際ブランドでアメリカン・エキスプレスを選択するとポイント移行コースに登録でき、マイルに交換可能なポイントの有効期限を無期限にできます。

つまりポイントをマイルに交換しなければ、無期限で保有し続けられるということです。

ANAとJALのポイント有効期限

一方でJALは無期限で貯められるクレジットカードが学生専用カードに限られており、卒業すると有効期限が発生するため、使い勝手がよくありません。

マイルを失効して損をしたくないのなら、無期限でポイントを保有できるANAの提携カード一択といっても過言ではないでしょう。

マイルが貯まるクレジットカードでおすすめの15枚!航空系最強カードを比較

クレジットカードと飛行機

クレジットカードでマイルを貯めるなら還元率だけではなく、ポイントの交換レートも高いブランドを発行する必要があります。

なぜなら交換レートが低いと1ポイントと交換できるマイル数が少なく、還元率が高くても効率よく貯まらないからです。

例えばANAアメリカン・エキスプレス・カードは1,000ポイントで1,000マイルに移行できることから、100%の交換レートが適用されます。

ANAのマイルへのポイント移行レート
1,000ポイント=1,000マイル

引用元:ANAアメリカン・エキスプレス®・カードのポイント・プログラム

一方で楽天カードは2ポイントで1マイルに移行されるため、交換レートは50%です。

楽天ポイント2ポイントで、ANAのマイル1マイルに交換することができます。

引用元:楽天ポイントをANAに交換!-【楽天PointClub】

ANAアメリカン・エキスプレス・カードと楽天カードでは交換レートが50%も異なることから、マイルに交換するほど無駄にポイントを消費してしまいます。

損することなくマイルを効率よく貯めたいなら、交換レートと還元率が高いクレジットカードを発行しましょう。

マイルの種類や貯め方ごとに最適なクレジットカードを以下にまとめましたので、参考にしてください。

※閲覧したいタブをクリックすると、詳細が表示されます。

 
ゴールドカード ANAアメリカン・
エキスプレス・カード
JALカード 普通カード Marriott Bonvoy
アメリカン・エキスプレス・
プレミアム・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カード
JALカード navi(学生専用) JALカード CLUB-A
ゴールドカード
楽天ANA
マイレージクラブカード
セゾンゴールド・アメリカン・
エキスプレス・カード
MileagePlus
セゾンゴールドカード
ANA JCB 一般カード JALカードSuica ANA JCB ワイドカード ANA To Me CARD
PASMO JCB
デルタ スカイマイル
アメリカン・エキスプレス・
カード
JAL CLUB EST
ANAアメリカン・エキスプレス・カード
JALカード 普通カード
Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
JALカード navi(学生専用)
JALカード CLUB-Aゴールドカード
楽天ANAマイレージクラブカード
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
MileagePlusセゾンゴールドカード
ANA JCB 一般カード
JALカードSuica
ANA JCB ワイドカード
ANA To Me CARD PASMO JCB
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード
JAL CLUB EST
年会費 7,700円(税込) 初年度無料
通常2,200円(税込)
49,500円(税込) 34,100円(税込) 無料 17,600円(税込) 初年度無料
通常550円(税込)
初年度無料
通常11,000円(税込)
22,000円(税込) 初年度無料
通常2,200円(税込)
初年度無料
通常2,200円(税込)
7,975円(税込) 初年度無料
通常2,200円(税込)
13,200円(税込) 初年度5,500円(税込)
通常7,700円(税込)
ポイント還元率 1.0〜2.5% 0.5〜1.0% 1.0〜6.0% 1.0〜3.0% 1.0〜2.0% 1.0〜2.0% 0.5〜3.0% 0.75〜1.0% 1.5% 1.0〜3.0% 0.5〜1.0% 1.0〜3.0% 0.5〜1.5% 1.0% 1.0〜2.0%
マイル交換レート 1ポイント=1マイル 3ポイント=1マイル 1ポイント=1マイル 1ポイント=0.5マイル 1ポイント=2.5マイル 1ポイント=5マイル 1ポイント=5マイル 1ポイント=0.9マイル
マイルを交換できる航空会社 ANA JAL 40社以上 ANA JAL JAL ANA JAL ユナイテッド航空 ANA JAL ANA ANA デルタ航空 JAL
獲得できるポイント メンバーシップ・リワード JALマイル Marriott Bonvoyポイント メンバーシップ・リワード JALマイル JALマイル 楽天ポイント 永久不滅ポイント マイレージプラス Oki Dokiポイント JALマイル Oki Dokiポイント
  • メトロポイント
  • Oki Dokiポイント
スカイマイル JALマイル
海外旅行保険 最高3,000万円 最高1,000万円 最高1億円 最高1億円 最高1,000万円 最高1億円 最高2,000万円 最高1億円 最高5,000万円 最高1,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円 最高5,000万円 最高1,000万円
国際ブランド
詳細 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

当サイトのランキングは、対象の公式ホームページに掲載されている情報を基準とし、利用経験者へのアンケート調査や政府による統計データなどを包括して順位を付けています。ランキングの根拠についてはこちら

なかでもANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ポイント還元率と交換レートのどちらも高い最強のクレジットカードです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは継続すると毎年1,000マイルもらえる

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはANAの提携カードで、カードを継続して1年利用するごとに毎年1,000マイルを受け取れます

ANAのボーナスマイル

利用金額に関係なく、カードを所有し続けるだけでマイルがもらえるのはANAアメリカン・エキスプレス・カードの魅力です。

さらにANAカードマイルプラス加盟店でカードを利用すると、通常のポイント還元に加えて100円利用ごとに1マイルが自動で加算されます。

加盟しているのはセブンイレブンやマツモトキヨシ、スターバックスなど全国展開している店舗がほとんどなので、どこに住んでいてもマイルを効率よく貯められます。

2022年3月15日発行分からタッチ決済も可能になったことから、使い勝手が良くなったのも嬉しいポイントです。

航空機の搭乗でフライトマイルの10%をボーナスとして受け取れるので、陸と空のどちらでもマイルを貯められる最強のクレジットカードであるといっても過言ではありません。

ポイント還元率 1.0〜2.5% マイル交換レート 1ポイント=1マイル
交換可能なマイルの種類 ANA 獲得可能なポイント メンバーシップ・リワード
年会費 7,700円(税込) 対象年齢 20歳以上
海外旅行損害保険 最高3,000万円 空港ラウンジ 国内外29ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • 入会するだけで1,000マイルもらえる
  • 入会後3ヶ月以内に10万円利用すると6,000ポイントもらえる
  • 入会後3ヶ月以内に30万円利用すると20,000ポイントもらえる
ANAアメリカン・エキスプレス・
カードの
申し込みはこちら
最大27,000マイル相当もらえる

JALカードの普通カードは飛行機に搭乗すると1,000マイル受け取れる

JALカードの普通カード

JALカードの普通カードは、JALグループ便を1年間に1度でも利用すると1,000マイルを受け取れるのが特徴です。

JALのボーナスマイル

搭乗時には10%が加算され、例えば通常のフライトマイルが984の場合は98マイルをボーナスとして獲得できます。

もちろんショッピングでもマイルが貯まり、200円ごとに1マイルが加算されます。

ファミリーマートやイオンなどのJALカード特約店で利用すると200円で2マイルが加算されるので、効率よく貯められるのも利点です。

航空機を利用しつつ、普段の生活でもマイルを貯めたい人はJALカードの普通カードを検討してみてはいかがでしょうか。

ポイント還元率 0.5〜1.0% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 JAL 獲得可能なポイント JALマイル
年会費 初年度無料
通常2,200円(税込)
対象年齢 18歳以上
海外旅行損害保険 最高1,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 入会してから2ヶ月後の月末までに50万円以上利用すると最大11,000マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアムに入会して5万円以上利用すると500マイルもらえる
  • 5万円以上利用したうちの1回をタッチ決済にすると最大2,000マイルもらえる
  • 入会後JALグループ便に初めて搭乗すると1,000マイルもらえる
JALカード 普通カードの
申し込みはこちら
最大14,500マイルもらえる

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは40社以上と交換可能

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、40社以上の航空会社が提供しているマイルに交換できます

航空会社の提携カードを利用すると提携先のマイルしか取得できないため、大韓航空ハワイアン航空など海外のマイルを貯めたい人に最適です。

マイルに交換できるMarriott Bonvoyポイントは、リッツカールトンやマリオットホテルで100円利用ごとに6ポイントも貯まります。

さらに普段の買い物でも100円で3ポイントも還元されるため、短期間で特別航空券と交換できるほどマイルを貯めることも可能です。

飛行機を利用せずにマイルを効率良く貯めたいなら、高還元を受けられるMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを選んで損はありません。

ポイント還元率 1.0〜6.0% マイル交換レート 3ポイント=1マイル
交換可能なマイルの種類 40社以上 獲得可能なポイント Marriott Bonvoyポイント
年会費 49,500円(税込) 対象年齢 満20歳以上
海外旅行損害保険 最高1億円 空港ラウンジ 国内外29ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • 入会後3ヶ月以内に30万円以上利用で30,000ポイントもらえる
  • 入会後3ヶ月以内に75万円以上利用で30,000ポイントもらえる
  • 入会後6ヶ月以内に150万円以上利用で75,000ポイントもらえる
Marriott Bonvoy
アメリカン・エキスプレス・
プレミアム・カードの
申し込みはこちら
最大135,000ポイントもらえる

SPGアメックスから改悪?ホテルを利用する人向けの特典が増えた

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、2022年2月24日にSPGアメリカン・エキスプレス・カードからリニューアルした新しいカードです。

リニューアルでサービスが変更になり、150万円以上利用しないと無料宿泊特典が適用されないことから改悪だとSNSで話題になってしまいました。

しかし優待の種類は増えており、さらにお得なホテル優待を受けられるようになっています。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードで変更になったサービスを比較した結果は、以下のとおりです。

SPGアメリカン・エキスプレス・カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
家族カード年会費 17,050円(税込) 1人分無料
宿泊実績 5泊分 15泊分
無料宿泊特典 1泊50,000ポイントまで無料 150万円以上の利用で1泊50,000ポイントまで無料
ステータスエリート 400万円以上の利用でプラチナエリート
プロパティ・クレジット 2連泊以上で100ドルのプロパティ・クレジット
スマホ保険 最大3万円まで補償

参考元:特典・サービス比較-AMERICAN EXPRESS

最も大きな変更点として、会員プログラムのグレードを上げるための宿泊実績数が増えたことが挙げられます。

会員プログラムのグレードが上がると、ホテル宿泊時のポイント還元率が高くなったり客室のアップグレードを受けられたりと特別待遇を受けられます。

他にも2連泊すると100ドルのプロパティ・クレジットが付与され、宿泊時のスパや食事代などの支払いに利用できるのも嬉しいポイントです。

150万円利用すれば無料宿泊特典が適用されることから、カード決済をメインにしている人なら簡単に特典を受け取れます。

高級ホテルに無料で泊まりたい人は、Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを利用して豊富な優待を受けてみてはいかがでしょうか。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはポイントが無期限で貯まる

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはポイントに有効期限がないため、無期限でポイントを貯められるのが魅力です。

年間で移行できるポイントの上限もなく、数年かけて貯めたポイントを一気にマイルへ交換してお得に旅行を楽しめます。

さらにポイントからマイルへの交換レートは100%なので、交換する際に獲得できるマイル数が減って損をすることもありません。

一般カードと同様に1年継続するとボーナスとして2,000マイルがもらえる利点もあり、使い続けるだけで自動的に貯まります。

帰国時にスーツケース1個分を無料で配送してもらえる手荷物無料宅配サービスや空港ラウンジも利用できますので、航空機の利用回数が多い人に最適です。

ポイント還元率 1.0〜3.0% マイル交換レート 1ポイント=1マイル
交換可能なマイルの種類 ANA 獲得可能なポイント メンバーシップ・リワード
年会費 34,100円(税込) 対象年齢 満20歳以上
海外旅行損害保険 最高1億円 空港ラウンジ 国内外29ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • 入会すると2,000ボーナスマイルがもらえる
  • 入会後3ヶ月以内にカードを25万円利用すると10,000ポイントもらえる
  • 入会後3ヶ月以内にカードを50万円利用すると20,000ポイントもらえる
  • さらに100万円利用すると30,000ポイントもらえる
ANAアメリカン・エキスプレス・
ゴールド・カードの
申し込みはこちら
最大62,000マイル相当もらえる

JALカード navi(学生専用)は年会費無料で特典航空券をお得に受け取れる

JALカード navi(学生専用)

JALカード navi(学生専用)は30歳未満の学生を対象にしたクレジットカードで、提携カードのなかでは珍しく年会費無料で利用できるのが魅力です。

さらに特典航空券のほとんどが5割引になりで、例えばハワイなら往復で通常40,000マイル必要なところを、半分の20,000マイルで交換できます。

マイルを貯めやすいのも特徴で、年間60万円以上利用すると2,000ボーナスマイルがもらえます。

TOEICや実用英語技能検定などの語学検定で合格するごとに500マイルがもらえるサービスも提供されているため、勉強が捗るのも嬉しいポイントです。

在学中はマイルの有効期限がないことから、学生のうちに貯めたマイルを卒業旅行で一度に利用したい人にも向いています。

ポイント還元率 1.0〜2.0% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 JAL 獲得可能なポイント JALマイル
年会費 無料 対象年齢 18歳以上30歳未満
海外旅行損害保険 最高2,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 入会すると2,000マイルもらえる
  • 入会後JALグループ便に初めて搭乗すると1,000マイルもらえる
  • Web申し込み後翌々月末までに25,000円以上利用すると1,000マイルもらえる
  • さらにVisaタッチ決済を1回以上利用すると最大1,000マイル追加でもらえる
JALカード navi(学生専用)の
申し込みはこちら
最大5,000マイルもらえる

JALカード CLUB-Aゴールドカードは空港免税店で10%の割引を受けられる

JALカード CLUB-Aゴールドカード

JALカード CLUB-Aゴールドカードは、以下の空港免税店で現金もしくはカード決済すると10%の割引を受けられます

高級ブランド品やデパコスなどを免税価格よりも安く購入でき、お得に買い物を楽しむことが可能です。

カード決済すればショッピングマイルが貯まる利点もあり、JAL DUTYFREE 成田空港の本館店とサテライト店はJAL特約店にあたるので200円で4マイルも貯められます。

マイルを貯めつつ、空港の免税店でお得に買い物を楽しみたいなら、JALカード CLUB-Aゴールドカードを利用するのが最適です。

ポイント還元率 1.0〜2.0% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 JAL 獲得可能なポイント JALマイル
年会費 17,600円(税込) 対象年齢 20歳以上
海外旅行損害保険 最高1億円 空港ラウンジ 国内外29ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • 入会してから2カ月後の月末までに50万円以上利用すると最大12,000マイルもらえる
  • 入会後初めてJALの航空機を利用すると5,000マイルもらえる
  • ショッピング・プレミアムに入会で500マイルもらえる
  • 1回でもVisaのタッチ決済を利用すると最大2,000マイルもらえる
JALカード CLUB-A
ゴールドカードの
申し込みはこちら
最大19,500マイルもらえる

楽天ANAマイレージクラブカードは搭乗手続きが不要で手間を省ける

楽天ANAマイレージクラブカード

楽天ANAマイレージクラブカードはANAが提供しているスキップサービスを利用でき、空港カウンターでのチェックインを省くことができます

ANAのスキップサービス

空港に着いたらすぐに保安検査場へ進めるため、搭乗に必要な時間を短縮できるのが嬉しいポイントです。

他にも楽天ANAマイレージクラブカードは年会費が550円で、他の提携カードよりも格安で利用できる利点があります。

1年に1度利用すれば年会費無料になることから、余計なお金をかけずにマイルを貯めたい人に最適です。

ポイント還元率 0.5〜3.0% マイル交換レート 1ポイント=0.5マイル
交換可能なマイルの種類 ANA 獲得可能なポイント 楽天ポイント
年会費 初年度無料
通常550円(税込)
対象年齢 満18歳以上
海外旅行損害保険 最高2,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 入会するだけで2,000ポイントもらえる
  • 申込日から翌月末までに1回でも利用すると3,000ポイントもらえる
楽天ANA
マイレージクラブカードの
申し込みはこちら
最大5,000ポイントもらえる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはマイルの自動移行が可能

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、SAISON MILE CLUBに登録すると買い物で貯まったポイントを自動でマイルに移行してもらえます。

他社の場合は自分でマイルに交換する必要があるので、手間を省けるのは嬉しいポイントです。

他にも1,000円利用ごとに10マイルがもらえる利点があり、買い物をするだけで効率よくマイルを貯められます。

実際に管理人もセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを毎月35,000円ほど利用して、1年間で4,200マイルを貯めた経験があります。

家賃や光熱費などの引き落としにセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを設定して年間で100万円利用すれば、1年で10,000マイル貯めることも可能です。

手間をかけずに効率よく貯めたい人は、マイルが自動的に移行されるうえに1,000円で10マイルも貯まるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを利用してみてはいかがでしょうか。

ポイント還元率 0.75〜1.0% マイル交換レート 1ポイント=2.5マイル
交換可能なマイルの種類 JAL 獲得可能なポイント 永久不滅ポイント
年会費 初年度無料
通常11,000円(税込)
対象年齢 満20歳以上
海外旅行損害保険 最高5,000万円 空港ラウンジ 国内外37ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • 入会してから翌々月末までに5万円以上利用で5,000円相当もらえる
  • さらにキャッシングの利用で1,500円相当もらえる
  • 家族カードを発行すると1,500円相当もらえる
最大8,000円相当もらえる

MileagePlusセゾンゴールドカードでユナイテッド航空のマイレージを貯められる

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードは、ユナイテッド航空のマイルを効率良く貯められます

マイルの還元率が業界最高水準なのが魅力で、1,000円利用ごとに最大15マイルがもらえるうえに1年間で75,000マイルが貯まるまで還元率が下がりません。

さらにマイルの有効期限がないことから失効する心配がなく、何年でも保有できます。

貯まったマイルはユナイテッド航空以外にも、ANAや中国国際航空などスターアライアンスに加盟している航空会社で利用できるため、使い道が豊富なのも嬉しいポイントです。

他にも継続特典として毎年1,500マイルが付与され、クレジットカードを所有しているだけでもマイルを貯められる利点があります。

アメリカによく渡航する人やスターアライアンスに加盟している航空会社の利用回数が多い人は、MileagePlusセゾンゴールドカードを利用してマイレージを貯めるのがよいでしょう。

ポイント還元率 1.5% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 ユナイテッド航空 獲得可能なポイント マイレージプラス
年会費 22,000円(税込) 対象年齢 満20歳以上
海外旅行損害保険 最高5,000万円 空港ラウンジ 国内外29ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • Web申し込みで6,000マイルがもらえる
  • 入会後翌々月末までに30万円以上利用すると10,000マイルがもらえる
  • さらに通常ショッピングマイルで4,500マイル貯まる
最大20,500マイルもらえる

ANA JCB 一般カードは提携店で利用すると100円で1マイルもらえるのが利点

ANA JCB 一般カード

ANA JCB 一般カードは、ANAカードマイルプラス加盟店で100円利用するごとに1マイルもらえる利点があります。

クレジットカード会社のJCBからもらえるOki Dokiポイントとは別にマイルが貯まるので、二重取りできるのは嬉しいポイントです。

他にもキーホルダー型電子マネーのANA QUICPay+nanacoを追加発行すると、財布やスマホを出さずに決済できます。

QUICPayとnanacoの両方をキーホルダーひとつで利用でき、決済する店舗に応じて支払い端末を変更する必要がありません。

支払いやチャージはANA JCB 一般カードでおこなえるうえに利用金額に応じてマイルやポイントが貯まるので、決済を簡素化したい人は発行してみてはいかがでしょうか。

ポイント還元率 1.0〜3.0% マイル交換レート 1ポイント=5マイル
交換可能なマイルの種類 ANA 獲得可能なポイント Oki Dokiポイント
年会費 初年度無料
通常2,200円(税込)
対象年齢 18歳以上
海外旅行損害保険 最高1,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 入会でもれなく1,000マイルもらえる
  • カードの利用金額に応じて最大10,000マイル相当もらえる
  • 家族カードに入会で最大1,800マイル相当もらえる
最大12,800マイル相当もらえる

JALカードSuicaでショッピングマイル・プレミアムに加入すると獲得数が4倍

JALカードSuica

JALカードSuicaは、ショッピングマイル・プレミアムに加入してJALカード特約店で買い物をするとマイルの獲得数が4倍になります。

通常は200円で1マイルしか獲得できませんが、上記の条件を満たすことで200円で4マイルも加算されるのは嬉しいポイントです。

特約店以外の店舗で利用しても100円で1マイル獲得できるので、どこで利用しても効率よくマイルを貯められます。

さらに名前にあるとおりSuicaが自動付帯しており、チャージでもマイルを獲得できます。

普段の交通手段に電車を利用している人は通勤するだけでマイルをもらえるので、JALカードSuicaを利用して交通費で効率よく貯めるのもひとつの手段です。

ポイント還元率 0.5〜1.0% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 JAL 獲得可能なポイント JALマイル
年会費 初年度無料
通常2,200円(税込)
対象年齢 18歳以上
海外旅行損害保険 最高1,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 翌々月末までに50万円以上利用で最大11,000マイルプレゼント
  • ショッピングマイル・プレミアムに入会で500マイルプレゼント
  • JALグループ便に初めて搭乗で1,000マイルもらえる
最大12,500マイルもらえる

ANA JCB ワイドカードはボーナスが一般カードの2倍以上で効率良く貯まる

ANA JCB ワイドカード

ANA JCB ワイドカードは、飛行機を利用した際の獲得マイル数がANA JCB 一般カードの2倍以上になるお得なクレジットカードです。

ANA JCB 一般カードの搭乗ボーナスマイルが10%なのに対して、ANA JCB ワイドカードは25%のマイルがもらえるためフライトの回数が多いほど効率よく貯められます。

さらにカードを1年間継続すると獲得できるボーナスマイルも一般カードの2倍もらえ、毎年2,000マイルを確実に獲得できるのも嬉しいポイントです。

海外旅行損害保険で最高5,000万円まで補償してもらえる利点もあるので、万が一旅行先で事故にあっても医療費や損害賠償金などを自分で支払う必要がありません。

搭乗ボーナスマイルの獲得数が多いうえに旅行損害保険が充実しているANA JCB ワイドカードは、渡航する機会が多い人に最適の1枚です。

ポイント還元率 1.0〜3.0% マイル交換レート 1ポイント=5マイル
交換可能なマイルの種類 ANA 獲得可能なポイント Oki Dokiポイント
年会費 7,975円(税込) 対象年齢 18歳以上
海外旅行損害保険 最高1,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 2022年9月30日までに100万円以上利用すると15,000マイル相当もらえる
  • 入会で2,000マイルもらえる
  • 家族カードに申し込みで最大1,800マイル相当もらえる
最大18,800マイル相当もらえる

ANA To Me CARD PASMO JCBは東京メトロ線を利用するだけでポイントを貯められる

ANA To Me CARD PASMO JCB

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ一般カード)はPASMOの機能が自動付帯しており、飛行機だけではなく地下鉄でもポイントが貯まるのが特徴です。

東京メトロ線を利用すると1乗車ごとに平日で5ポイント土日や祝日で15ポイントが付与されます。

さらに東京メトロ定期券の支払いで1,000円ごとに5ポイントもらえるので、通勤もしくは通学するだけで効率よくポイントを貯められます。

ポイントからマイルへの交換レートも高く、100ポイントで90マイルに交換することが可能です。

普段から東京メトロ線を利用している人はお得にマイルを貯められるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ポイント還元率 0.5〜1.5% マイル交換レート 1ポイント=0.9マイル
交換可能なマイルの種類 ANA 獲得可能なポイント メトロポイント、Oki Dokiポイント
年会費 初年度無料
通常2,200円(税込)
対象年齢 18歳以上
海外旅行損害保険 最高1,000万円 空港ラウンジ
国際ブランド 電子マネー
  • 入会するだけで1,000マイルプレゼント
  • 10万〜100万円の利用で最大15,000マイル相当プレゼント
  • 家族カードを2枚発行すると最大1,800マイル相当プレゼント
最大17,800マイル相当もらえる

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードなら還元率が2倍

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカに本社を置いているデルタ航空と提携しているクレジットカードです。

デルタ航空でカード決済をすると還元率が2倍になり、100円利用するごとに2マイルがもらえます。

他にもカードを発行すると、デルタ航空スカイマイル上級会員資格のシルバーメダリオンを無条件で1年間獲得できるのも魅力のひとつです。

シルバーメダリオンの資格を獲得できるとデルタ航空で以下のような特典を受けられ、お得に空の旅を楽しむことができます。

  • 1ドル利用ごとに7マイルもらえる
  • 座席クラスを無制限で無償アップグレードしてもらえる
  • 1個の手荷物を無料で預け入れできる
  • 有償航空券で優先的に空席待ちができるなど

デルタ航空を利用する機会が多い人は発行して損がないクレジットカードなので、利用するのもひとつの手段です。

ポイント還元率 1.0% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 デルタ航空 獲得可能なポイント スカイマイル
年会費 13,200円(税込) 対象年齢 20歳以上
海外旅行損害保険 最高5,000万円 空港ラウンジ 国内外29ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • カードに新規入会で5,000ボーナスマイルもらえる
  • 発行してから6カ月以内にデルタ航空でビジネスクラスを利用すると25,000ボーナスマイルもらえる
最大30,000マイルもらえる

JAL CLUB ESTは60ヶ月まで有効期限を延長してもらえるから貯めやすい

JAL CLUB EST

JAL CLUB ESTは20代限定のクレジットカードで、マイルの有効期限を60ヶ月まで延長してもらえます。

通常36ヶ月で失効するマイルを約2倍も長く貯められるのは、JAL CLUB ESTの魅力です。

他にも17ヶ所の国内空港に設置されているサクララウンジを年5回まで利用でき、空港での待ち時間を快適に過ごせる利点があります。

サクララウンジにはシャワールームやマッサージチェアも設置されているので、体の疲れを取ってから空の旅を楽しめます。

搭乗でもらえるボーナスフライトマイルは最大30%プラスされることから、豊富な優待を受けつつ、マイルを効率よく貯めたい20代に最適の1枚です。

ポイント還元率 1.0〜2.0% マイル交換レート
交換可能なマイルの種類 JAL 獲得可能なポイント JALマイル
年会費 初年度5,500円(税込)
通常7,700円(税込)
対象年齢 20歳以上30歳未満
海外旅行損害保険 最高1,000万円 空港ラウンジ 国内17ヶ所
国際ブランド 電子マネー
  • カード入会月の翌々月末までに50万円以上利用で12,000マイルもらえる
  • ショッピングマイル・プレミアム入会ボーナスで500マイルもらえる
  • 入会後にJALグループ便搭乗で1,000マイルもらえる
  • 累計5万円以上利用して1回以上Visaタッチ決済で支払うと最大2,000マイルもらえる
最大15,500マイルもらえる

ここまでマイルが貯まりやすいおすすめのクレジットカードを紹介してきましたが、最適な1枚は見つかりましたでしょうか。

どのクレジットカードが自分に合っているかわからない人は、提携先の航空会社で選ぶのもひとつの手段です。

マイル系クレジットカードの選び方!ANAやJALなどの航空会社で決めよう

クレジットカードとANAとJAL

マイル系のクレジットカードを選ぶなら、お得にマイルを交換できる航空会社が発行しているブランドが最適です。

意外と知られていませんが、マイルを特典航空券に交換する際は航空会社によって必要なマイル数が大きく異なります

安易に選択すると特典航空券の交換に膨大なマイル数が必要になり、いくら貯めても目標に届かなくなる可能性があります。

実際にANAカードとJALカードで、東京発沖縄行きの特典航空券に交換するために必要なマイル数を比較した結果は以下のとおりです。

クレジットカード 航空会社 申し込み時期 必要マイル数
ANAカード ANA 7,000マイル〜10,500マイル
JALカード JAL 2022/4/30申し込み分まで 10,410マイル
2022/5/1申し込み分から 10,610マイル
2023/4/12搭乗分から 9,000マイル〜37,500マイル

比較すると、ANAの方が交換に必要なマイル数が少ないことがわかります。

ANAは搭乗人数が少ない時期とお盆などの繁忙期で特典航空券の交換に必要なマイル数を明確に分けており、閑散期を狙えばかなりお得に搭乗できます

ANAの特典航空券に必要なマイル数

一方でJALは年間を通してマイル数が変動せず、いつ交換しても損をしない仕組みでした。

しかし2023年4月12日搭乗分から変動性になり、人気の便は基本マイルに加え、追加マイルを支払って予約を取るシステムへ変更することが決定しています。

ご予約いただける席に空きがない場合は、予測残席に応じて変動する追加マイルをいただくことでご予約が可能です(特典航空券PLUS)。

引用元:JALマイレージバンク-JAL国内線特典航空券 必要マイル数(2023年4月12日搭乗分から)
JALの特典航空券に必要なマイル数

便によっては必要マイル数が4倍まで跳ね上がるケースもあり、マイルが足りなくて交換できない可能性も十分にあり得ます。

マイルが足りないならまた貯めればいいと思う人もいるかもしれませんが、クレジットカードで37,500マイルを貯める場合、還元率が1.0%でも合計で375万円の利用が必要です。

他にもJALのクレジットカードは飛行機の利用でのみボーナスマイルがもらえる仕組みとなっており、マイルが貯まりづらい印象があります。

マイルをお得に交換できるうえに、クレジットカードを所有しているだけで貯まるのはカードを使わなくても継続ボーナスとしてポイントがもらえるANAの提携カードのみです。

ANAとJALで特典航空券に必要なマイル数と、1年間で目標数に到達するためのカード決済額を詳しく知りたい人は、以下のPDFを参考にしてください。

特典航空券に必要なマイル数と1年間で目標数を達成するためのカード決済額はこちら

マイルの使い道よりお得に貯めることを重視したいなら、還元率が高いクレジットカードを利用するのも選択肢のひとつです。

還元率が高いクレジットカードは生活費で貯めたい陸マイラーに最適

クレジットカードとガス料金の明細書

飛行機を利用せずに日々の買い物や支払いなどでマイルをお得に貯めたい人は、還元率が高いクレジットカードを利用しましょう。

なかでも航空系のクレジットカードは自社のサービスを利用してもらうためにマイルの還元率を高くしている傾向にあり、他社のカードよりも貯めやすいのが特徴です。

還元率が1.0%以上なら100円利用するごとに1マイルが貯まるので、陸でも効率よくマイルを貯められます。

高還元でマイルを貯めやすい航空系クレジットカードをまとめた結果は、以下のとおりです。

航空系クレジットカード 還元率 獲得できるマイル 年間100万円利用した場合に獲得できるマイル数
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1.0〜2.5% ANA 10,000〜25,000マイル
JALカード 普通カード 0.5〜1.0% JAL 5,000〜10,000マイル
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 1.0〜3.0% ANA 10,000〜30,000マイル
JALカード CLUB-Aゴールドカード 1.0〜2.0% JAL 10,000〜20,000マイル
楽天ANAマイレージクラブカード 0.5〜3.0% ANA 5,000〜30,000マイル
MileagePlusセゾンゴールドカード 1.5% マイレージプラス 15,000マイル
ANA JCB 一般カード 1.0〜3.0% ANA 10,000〜30,000マイル
JALカードSuica 0.5〜1.0% JAL 5,000〜10,000マイル
ANA JCB ワイドカード 1.0〜3.0% ANA 10,000〜30,000マイル
ANA To Me CARD PASMO JCB 0.5〜1.5% ANA 5,000〜15,000マイル
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード 1.0% スカイマイル 10,000マイル
JAL CLUB EST 1.0〜2.0% JAL 10,000〜20,000マイル

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、常時1.0%の還元率を受けられる利点があります。

さらにENEOSやセブンイレブンなどのANAカードマイルプラス加盟店で決済すると、通常のポイントに加えて100円利用ごとに1マイルが貯まります。

つまり、利用する店舗によってはマイルを2倍貯められるということです。

カードを1年継続するごとにボーナスマイルとして1,000マイルを獲得できる利点もあり、効率よく貯めたい人は利用しないと損だと言っても過言ではありません。

ANAの提携カードは1年継続ごとにボーナスマイルがもらえる

スマホ

ANAの提携カードはANAアメリカン・エキスプレス・カードに限らず、1年継続するごとにボーナスマイルがもらえるのが魅力です。

カードの種類ごとに獲得できるボーナスマイル数を、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

ANA提携カード ボーナスマイル ボーナスマイルをもらえる条件 年会費
ANA 一般カード 1,000マイル カードを1年間継続 2,200円(初年度無料)
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% ANAグループ便の利用
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 1,000マイル カードを1年間継続 7,700円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10% ANAグループ便の利用
ANA ワイドカード 2,000マイル カードを1年間継続 7,975円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% ANAグループ便の利用
ANA ワイドゴールドカード 2,000マイル カードを1年間継続 15,400円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% ANAグループ便の利用
ANAダイナースカード 2,000マイル カードを1年間継続 29,700円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% ANAグループ便の利用
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 34,100円 カードを1年間継続 29,700円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25% ANAグループ便の利用
ANA JCB カードプレミアム 10,000マイル カードを1年間継続 77,000円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50% ANAグループ便の利用
ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 10,000マイル カードを1年間継続 165,000円
区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×50% ANAグループ便の利用

カードのステータスが上がっていくごとにもらえるボーナスマイル数も増える仕組みで、最高ランクのプレミアムカードを発行すると所有しているだけで10,000マイルも獲得できます

ただしステータス性が高いと年会費や審査難易度も上がるので、富裕層以外が所有するのは困難です。

年会費を抑えつつ、ボーナスマイルも受け取りたいなら年間7,975円の出費で収まるうえに一般カードの2倍以上もマイルがもらえるワイドカードを発行してみてはいかがでしょうか。

早く交換したい人は移行の所要日数が短いカードを選ぼう

スマホ

ポイントからマイルへすぐに交換したい人は、移行に必要な日数が短いクレジットカードを選ぶのが最適です。

知らない人も多いと思いますが、ポイントからマイルの移行は意外と時間がかかり、カードによっては1ヶ月以上を要する場合があります。

急に旅行へ行きたくなっても移行に時間がかかると利用できず、マイルを貯めているにも関わらず現金で航空券を購入する必要があります。

思い立ったらすぐに旅行へ行きたい人は、マイルへの交換がその日のうちに終わるカードを選びましょう。

クレジットカードごとにマイルの移行に要する日数をまとめた結果は、以下のとおりです。

クレジットカード ポイント 交換できるマイル 所要日数
ANAアメリカン・エキスプレス・カード メンバーシップ・リワード ANA 5営業日以内
JALカード 普通カード JALマイル 即時
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード Marriott Bonvoyポイント 40社以上 約1週間〜2週間程
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード メンバーシップ・リワード ANA 5営業日以内
JALカード navi(学生専用) JALマイル 即時
JALカード CLUB-Aゴールドカード JALマイル 即時
楽天ANAマイレージクラブカード 楽天ポイント ANA 約1週間
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 永久不滅ポイント JAL 即時
MileagePlusセゾンゴールドカード マイレージプラス 即時
ANA JCB 一般カード OkiDokiポイント ANA 約1週間
JALカードSuica JRE POINT JAL 約2〜3週間
ANA JCB ワイドカード OkiDokiポイント ANA 約1週間
ANA To Me CARD PASMO JCB メトロポイント ANA 約1〜2ヶ月
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード スカイマイル 即時
JAL CLUB EST JALマイル 即時

JALカードはポイントではなくマイルが直接貯まる仕組みなので、すぐに利用できる利点があります。

JALカードに限らず、ショッピングや支払いでマイルが直接貯まるクレジットカードは、時間がかからないうえに交換する手間も省けます。

ただし冒頭で述べたとおり、マイルは獲得してから36ヶ月で失効してしまうため、長期間貯めたい人には向いていません。

そもそも移行に時間がかかるのは、交換の際にクレジットカード会社と航空会社がポイントとマイルの数字をお互いに確認しているからです。

ポイントとマイルの移行の仕組み

万が一数字が間違っていると獲得数が増えれば問題ありませんが、少ない場合は交換したユーザーが損をすることになります。

損をしない代わりに時間がかかる仕組みになっているので、旅行の予定があれば早めにマイルへ交換しておくのがよいでしょう。

マイルを交換する際は移行上限に達しないように、あらかじめ確認しておくことも重要です。

移行上限がないクレジットカードはまとめて交換できる

貯めたポイントをまとめてマイルへ交換したい人は、移行上限がないカードを選ぶのが最適です。

カードによってはポイントから交換できるマイル数に上限を設けているケースがあり、制限内に収めないと移行できなくなってしまいます。

クレジットカードごとの移行上限を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

クレジットカード 移行上限 移行上限が適用される期間
ANAアメリカン・エキスプレス・カード 999,000ポイント 1日
JALカード 普通カード 上限なし
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 240,000ポイント 1日
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 999,000ポイント 1日
JALカード navi(学生専用) 上限なし
JALカード CLUB-Aゴールドカード 上限なし
楽天ANAマイレージクラブカード 5,000ポイント 1回
20,000ポイント 1ヶ月
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 上限なし
MileagePlusセゾンゴールドカード 上限なし
ANA JCB 一般カード 上限なし
JALカードSuica 上限なし
ANA JCB ワイドカード 上限なし
ANA To Me CARD PASMO JCB 20,000ポイント(1ヶ月に1回のみ移行可能) 1ヶ月
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・カード 上限なし
JAL CLUB EST 上限なし

マイルが直接貯まるカードやANA JCBカードは移行上限を設定しておらず、好きなだけ交換することが可能です。

ただしJCBカードで貯まるOki Dokiポイントは有効期限が2年なので、すぐに使わないと失効する可能性があります。

上述したとおりマイルも36ヶ月で失効してしまうことから、長く貯めたいならポイントの有効期限がないANAアメリカン・エキスプレス・カードが最適です。

移行上限はあるものの、1回あたり999,000ポイントと高く設定されているので、特典航空券や席のグレードアップで利用する程度なら上限に達する心配がありません。

ゴールドカードは空港ラウンジや付帯保険などの優待が充実している

ゴールドカード

マイルの貯まりやすさだけではなく、優待も重視したい人はゴールドカードを選ぶのもひとつの手段です。

マイル系のゴールドカードは還元率が高いのはもちろん、空港ラウンジや付帯保険などステータスカード独自の優待が充実しています。

特に航空会社が発行しているゴールドカードはトラベルに特化した優待が豊富で、旅行でマイルを貯めつつ、お得に空の旅を楽しみたい人に最適です。

マイルが貯まりやすいうえに優待が充実しているゴールドカードを、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

ゴールドカード 年会費 還元率 旅行損害保険 空港ラウンジ その他優待
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 49,500円(税込) 1.0〜6.0% 最高1億円 国内外29ヶ所
  • 無料宿泊特典が50,000ポイント分もらえる
  • 帰国時に手荷物が1人1個まで送料無料
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 34,100円(税込) 1.0〜3.0% 最高1億円 国内外29ヶ所
  • 機内の買い物が10%オフ
  • 旅行のキャンセル料を年間最高10万円まで補償
JALカード CLUB-Aゴールドカード 17,600円(税込) 1.0〜2.0% 最高1億円 国内外29ヶ所
  • 対象の空港店舗で最大10%オフ
  • 国内外のパッケージツアーが2〜3%オフ
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 初年度無料
通常11,000円(税込)
0.75〜1.0% 最高1億円 国内外37ヶ所
  • 世界中のATMで現地通貨を引き出し可能
  • 月末の金土日はロフトでの買い物が5%オフ
MileagePlusセゾンゴールドカード 22,000円(税込) 1.5% 最高5,000万円 国内外29ヶ所
  • 海外用Wi-Fiレンタルが会員価格で利用可能
  • 海外の人気レストランの予約を無料で頼める

なかでもMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは還元率が最大6.0%で効率よくマイルが貯まるうえに、1泊5万円分までの無料宿泊特典がもらえます。

5万円分もあれば普段は泊まれないような高級ホテルにも無料で宿泊でき、予算を増やさずに普段の旅行を豪華にできます。

学生専用のカードは一般カードと同等のサービスが無料で受けられる

スマホ

大学や専門学校がマイルを貯めるなら、航空会社が提携している学生専用のクレジットカードを利用しましょう。

学生専用カードは18歳以上の学生を対象にしたクレジットカードで、年会費2,200円の一般カードと同等のサービスを無料で受けられるのが魅力です。

学生におすすめのクレジットカードと一般カードを、以下の表で比較しましたので参考にしてください。

JALカード navi(学生専用) JALカード 普通カード ANAカード〈学生用〉 ANA一般カード
年会費 無料 初年度無料
通常2,200円(税込)
無料 初年度無料
通常2,200円(税込)
還元率 1.0〜2.0% 0.5〜1.0% 0.5〜2.0% 1.0〜3.0%
ボーナスマイル 年間の初回搭乗時に1,000マイル 年間の初回搭乗時に1,000マイル カードを継続ごとに1,000マイル カードを継続ごとに1,000マイル
搭乗ごとに×10% 搭乗ごとに×10% 搭乗ごとに×10% 搭乗ごとに×10%
入会特典 2,000マイル 1,000マイル 1,000マイル 1,000マイル
海外旅行損害保険 最高1,000万円 最高1,000万円 最高1,000万円 最高1,000万円
空港内の割引 最大10% 最大10% 最大10% 最大10%
特典航空券の交換 最大6割引で交換可能 規定マイル数が必要 規定マイル数が必要 規定マイル数が必要

比較するとJALカード navi(学生専用)は入会特典でもらえるマイルが2倍になり、特典航空券を最大6割引で交換できるので、一般カードよりもお得に利用できることがわかります。

さらにJALではJALスカイメイトという25歳以下の人を対象にした航空券の割引サービスをおこなっており、通常運賃の半額で飛行機を利用できます。

同様にANAでも25歳以下を対象にしたスマートU25という割引サービスを受けられ、どちらも学生専用カードで支払うとマイルの積算率を通常運賃の100%にすることが可能です。

在学中にしか受けられない限定的なサービスになっていますので、学生の人は早めに発行してお得に利用できるうちにマイルを貯めておきましょう。

卒業したら一般カードへ移行する必要がありますが、航空系のクレジットカードは年会費が発生するケースがほとんどで、出費は免れません。

学生カードに引き続き無料で利用したい人は、航空系以外で年会費が発生しないクレジットカードを発行するのも選択肢のひとつです。

余計なお金を払いたくないなら年会費無料のクレジットカードを選ぼう

クレジットカード

余計なお金を払わずにマイルを貯めたい人は、年会費無料で発行できるクレジットカードを選びましょう。

航空会社が提携しているクレジットカードは年会費が発生するため、無料で利用するなら銀行系や流通系などのカードを選ぶ以外に選択肢はありません

年会費無料のクレジットカードでマイルが直接貯まるカードは存在しないことから、銀行系や流通系を選ぶならポイントからマイルへの交換レートが高いブランドを選択するのが最適です。

年会費無料で利用できるクレジットカードを、以下の表でマイルへの交換レートが高い順にまとめましたので参考にしてください。

クレジットカード 獲得できるポイント 交換可能なマイル マイル交換レート 移行手数料 移行所要日数 移行上限
JCB CARD W OkiDokiポイント ANA 1ポイント=3マイル 無料 約2〜3週間 上限なし
JAL
ライフカード LIFEサンクスポイント ANA 1ポイント=2.5マイル 無料 最長4週間 上限なし
エポスカード エポスポイント ANA 1ポイント=0.5マイル 無料 約2〜3日 上限なし
JAL 約1ヶ月
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード 永久不滅ポイント ANA 1ポイント=3マイル 無料 3〜4週間 上限なし
JAL 1ポイント=2.5マイル
dカード dポイント JAL 1ポイント=0.5マイル 無料 翌月中旬 1ヶ月あたり40,000ポイント
イオンカードセレクト WAON POINT JAL 1ポイント=0.5マイル 無料 1〜2ヶ月 1回あたり99,500ポイント
楽天カード 楽天ポイント ANA 1ポイント=0.5マイル 無料 約1週間 1ヶ月あたり20,000ポイント
セブンカード nanacoポイント ANA 1ポイント=0.5マイル 無料 約2〜7日 上限なし

交換レートが最も高かったのはJCB CARD Wで、1ポイントで3マイルに移行できます。

他社の場合は1ポイントあたり0.5マイルのケースが多いので、6倍のレートで移行できるのは嬉しいポイントです。

ただしJCB CARD Wからnanacoポイントに交換すると1ポイントで5nanacoポイントに移行できるため、マイルに交換するとOki Dokiポイント単体としての価値は下がります。

Oki Dokiポイント1ポイント → nanacoポイント5ポイント

引用元:nanacoポイント-JCBカード

価値を下げずにポイントを使いたいなら、1ポイント1マイルとして等価交換できるANAアメリカン・エキスプレス・カードのような航空会社と提携しているカードを選ぶのがよいでしょう。

マイルとは各航空会社のマイレージサービスで貯まるポイントのこと

スマホ

マイルとは、航空会社が提供しているマイレージサービスで貯まるポイントのことを指します。

クレジットカードで貯まるOki Dokiポイントやdポイントのように、マイルも航空会社ごとで種類が異なるのが特徴です。

例えば日本で主流のマイルは以下の4つで、それぞれ別の航空会社が発行しています。

マイルの種類 航空会社 拠点とする国
ANAマイレージクラブ(AMC) ANA 日本
JALマイレージバンク(JMB) JAL 日本
スカイマイル デルタ航空 アメリカ
マイレージプラス ユナイテッド航空 アメリカ

ANAとJALは同じ日本の航空会社でもマイルの種類が異なり、合算して利用することはできません

そのため、マイルを貯める際はあらかじめどの航空会社で貯めるか決めておくのが重要です。

様々な航空会社で少しずつ貯めることもできますが、マイルを利用するにはまとまった数が必要になり、分散していると目標数まで貯めるのに時間がかかります。

1社に絞ればマイルの獲得数がアップするカードを利用したり提携店に通い詰めたりして簡単に貯められるので、分散させるより効率よくマイルを獲得できます。

マイルの貯め方

他にも空と陸で効率の良いマイルの貯め方が異なることから、それぞれの特徴を把握したうえでどちらの方法で貯めるのか判断しましょう。

空マイラーの貯め方!フライト距離が長いほど獲得数が増える

飛行機

航空機で効率良くマイルを獲得したい空マイラーは、長距離のフライトで貯めるのが最適です。

フライトで獲得できるマイル数は航空会社が定めている以下の計算式で求められ、区間基本マイレージが高いほどもらえるマイル数が多くなります

区間基本マイレージ×予約クラスや運賃種別ごとの積算率=獲得できるマイル数

区間基本マイレージはIATA(国際航空運送協会)が定めるTPM(運賃計算に使用する区間距離)を基準に決定され、フライト距離に比例して数値が高くなっていきます。

つまり、フライトの距離が長いほど獲得できるマイル数が多くなるということです。

実際にANAとJALで東京から国内外の主要都市へフライトした場合に貯まるマイル数を、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

到着地 ANA JAL フライトの距離 所要時間
大阪 280マイル 280マイル 約480km 約1時間
北海道 510マイル 510マイル 約806km 約1時間30分
福岡 567マイル 567マイル 約900km 約2時間
ソウル(韓国) 758マイル 758マイル 約1,180km 約3時間
沖縄 984マイル 984マイル 約1,560km 約3時間
北京(中国) 1,313マイル 1,313マイル 約2,100km 約2時間30分
マニラ(フィリピン) 1,880マイル 1,880マイル 約3,000km 約4時間45分
ホノルル(アメリカ) 3,831マイル 3,831マイル 約6,130km 約7時間20分
シドニー(オーストラリア) 4,863マイル 4,863マイル 約7,800km 約9時間30分
ロサンゼルス(アメリカ) 5,458マイル 5,458マイル 約8,810km 約10時間
フランクフルト(ドイツ) 5,928マイル 5,928マイル 約9,370km 約15時間
ロンドン(イギリス) 6,214マイル 6,214マイル 約9,590km 約15時間
パリ(フランス) 6,194マイル 6,194マイル 約9,700km 約16時間
ニューヨーク(アメリカ) 6,723マイル 6,723マイル 約10,830km 約13時間
メキシコシティ(アメリカ) 7,003マイル 7,003マイル 約11,250km 約13時間

※記載しているマイル数は、区間基本マイレージに対する積算率が100%の場合です。

1回のフライトで最もマイルが貯まる到着地は、7,003マイルも獲得できるアメリカのメキシコシティです。

13時間のフライトが必要になりますが、パリやロンドンよりも短時間で1,000マイル以上も多く獲得できます。

距離が遠いメキシコシティよりもパリやロンドンのフライト時間が長いのは、日本の上空で偏西風と呼ばれる西から東に向かって吹く風が向かい風となり、飛行機のスピードが出ないからです。

パリやロンドンを含むヨーロッパ付近は飛行時間が長いので、1度のフライトで効率よくマイルを貯めたいならメキシコシティを含むアメリカに向かうのがよいでしょう

さらに獲得マイル数を増やしたい場合は、座席をグレードアップするのもひとつの手段です。

運賃種別や予約クラスによって積算率が変わるから把握しておこう

空港

フライトによるマイルの獲得数は、基本区間マイレージの他にも予約する座席のグレードによって変動があります

座席のグレードで積算率が異なり、運賃が安いほどもらえるマイル数も減少する仕組みです。

例えば搭乗希望日の28日前までに予約すると運賃が割引になるANA VALUE TRANSIT 28とプレミアムクラスを利用できるプレミアム運賃の場合、積算率は25%も異なります。

ANAとJALで適用される積算率を以下にまとめましたので、詳しく知りたい人は参考にしてください。

※タブをクリックすると詳細を確認できます。

予約クラスを上げると食事が豪華になったり座席が広くなったりすることから、長時間のフライトも快適に過ごせるのが嬉しいポイントです。

積算率の変動はデルタ航空やユナイテッド航空などでもありますので、出張や旅行などで海外の航空会社をよく利用する人は併せて把握しておくのがよいでしょう。

アライアンス内でマイルを加算する航空会社を指定できる

スマホ

世界中にある航空会社の多くはアライアンス(航空連合)に加盟しており、日本を代表するANAとJALもそれぞれ異なるアライアンスに入っています。

アライアンスに加盟していると、グループ内の航空機を利用した際にマイルを加算する航空会社を指定できる利点があります。

世界のアライアンスと加盟している航空会社は、以下のとおりです。

アライアンス 加盟航空会社数 加盟している主な航空会社
スターアライアンス 26社
  • ANA
  • ユナイテッド航空
  • エーゲ航空
  • エア・カナダ
  • 中国国際航空
  • エアインディア
  • ニュージーランド航空
  • アナシア航空
  • オーストリア航空など
ワン・ワールド 14社
  • JAL
  • アラスカ航空
  • アメリカン航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • キャセイパシフィック航空
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • マレーシア航空
  • カンタス航空など
スカイチーム 19社
  • デルタ航空
  • アエロフロート・ロシア航空
  • アルゼンチン航空
  • アエロメヒコ航空
  • エア・ヨーロッパ
  • エールフランス
  • チャイナ エアライン
  • チェコ航空
  • ガルーダ・インドネシア航空など

ユナイテッド航空はANAと同じスターアライアンスに加盟しているため、アメリカ国内のフライトで獲得したマイルをANAマイレージクラブに加算できます。

アライアンスを意識して利用する航空会社を選択すると、世界中のどこでも自分が貯めたいマイルを効率よく獲得できます。

ただし、航空機を利用してマイルを貯めるのはお金と時間がかかるため、余裕がない人には不向きな貯め方です。

どちらも使わずにマイルを貯めたいなら、買い物や支払いの決済方法をクレジットカードに変更しましょう。

陸マイラーは航空系クレジットカードや電子マネーを利用しよう

タッチ決済

陸マイラーは、航空会社と提携している航空系クレジットカードや電子マネーを利用するのが最適です。

航空系クレジットカードや電子マネーで決済をすると支払い金額に応じてポイントが還元され、貯まったポイントをマイルへ交換できます。

特別なことをしなくても日々の買い物や支払いをおこなうだけで勝手にマイルを獲得できますので、お得に貯めたい人は利用する価値があります。

マイルが貯まりやすいクレジットカードや電子マネーは、以下のとおりです。

クレジットカード 電子マネー
ANAアメリカン・エキスプレス・カード JALカード 普通カード 楽天Edy nanaco WAON
還元率 1.0〜2.5% 0.5〜1.0% 0.5% 0.5〜1.0% 0.5〜1.0%
ポイントアップ
  • 加盟店の利用で2倍
  • 搭乗ボーナスマイルあり
  • カード継続でボーナスマイルあり
  • フライトでボーナスマイルあり
  • 特約店でマイルが2倍
対象店舗で2倍 対象店舗で2倍
マイル交換レート 1ポイント=1マイル 1マイル=1マイル 1ポイント=0.5マイル 1ポイント=0.5マイル 1ポイント=0.5マイル
年会費 7,700円(税込) 初年度無料
通常2,200円(税込)
無料 無料 無料
付帯保険 × × ×
優待 × × ×

クレジットカードは加盟店の利用やカードの継続などでボーナスマイルをもらえるうえ、1ポイント1マイルとして交換できます。

一方で電子マネーは無料で使えるものの、1ポイントで0.5マイル相当と交換レートが低いのが難点です。

クレジットカードに比べると効率よくマイルを貯められませんので、どうしてもクレジットカードに抵抗がある場合のみ利用するのがよいでしょう。

キャッシュレス決済以外でもマイルを貯めたい人は、ポイントサイトを利用するのもひとつの手段です。

ポイントサイトを利用するとマイル獲得数をさらに増やせる

陸でマイルの獲得数をさらに増やしたいなら、ポイントサイトの利用も欠かせません

ポイントサイトとは、掲載されている広告サービスを利用すると報酬としてポイントがもらえるウェブサイトのことです。

怪しく聞こえるかもしれませんが、片手間で簡単にポイントを獲得できるため多くの人が利用しており、実際に大手ポイントサイトのモッピーは会員数が900万人を突破しています。

ポイントサイトでポイントを貯めるには以下のような方法があり、数ある掲載内容から好きなものを選択できます。

  • サブスクや新サービスの無料会員登録
  • アンケートモニター
  • 資料請求
  • ネット銀行の口座開設
  • 保険の無料相談
  • ポイントサイトを経由してネットショッピングなど

実行のハードルが高い掲載ほど獲得できるポイント数が多くなる仕組みで、ネット銀行の口座開設や保険の無料相談などをおこなうと5,000ポイント以上もらうことも可能です。

ただし、ポイントサイトから直接マイルへ交換するとレートが低い場合が多く、損をする可能性が高くなります。

ポイントサイトで貯めたポイントを高還元でマイルに移行したいなら、何度もポイント交換をしてマイルを獲得するのが最適です。

ポイントサイトで貯めたポイントを高還元でマイルに移行する方法

貯めたマイルは航空会社が提供している特典航空券に利用すると、お得に利用できます。

お得な使い方は?特典航空券なら1マイルに対して1円以上の価値で使える

航空券

航空機やクレジットカードで貯めたマイルをお得に使いたいなら、特典航空券に交換すると1マイルを1円以上の価値で利用できるケースがあります。

特典航空券とはマイルと交換できる航空券のことで、無料で飛行機に乗れるため人気の高い商品です。

航空会社や到着地によって必要マイル数は異なりますが、国内なら最低5,000マイルから交換できます

例えばANAで東京から韓国に渡航する場合、エコノミーの航空券を現金で購入すると約13万円かかりますが、特典航空券なら12,000マイルで交換できます。

つまり、1マイルを10円以上の価値で利用できるということです。

さらにANAとJALが開催している今週のトクたびマイルどこかにマイルを利用すると、片道分のマイルで往復の航空券に交換できます。

行き先は航空会社が指定する場所のみとなりますが、毎週更新されることから運が良ければかなりお得に自分の行きたい地域へ旅行に行けます。

ただし、トクたびマイルやどこかにマイルで交換できるのは国内に限りますので、海外へ行きたい人は特典航空券を利用する以外に選択肢はありません。

お得に旅行するよりも、予算を上げずに豪華な空の旅を楽しみたい人はマイルで座席のアップグレードをおこなうのも選択肢のひとつです。

席のアップグレードに交換すれば快適な空の旅を楽しめる

航空機の座席

マイルは特典航空券だけではなく、国際線での座席アップグレード特典にも交換できます

体を十分に伸ばせないエコノミークラスはフライト時間が長いと苦痛に感じる人も多く、体調を崩す人も少なくありません。

4時間以上飛行機に乗る場合は、マイルを利用して座席をアップグレードすると長時間のフライトも快適に過ごせます

ANAとJALで座席のアップグレードに必要なマイル数をそれぞれまとめた結果は、以下のとおりです。

※タブをクリックすると、詳細を確認できます。

区間基本マイレージ 主な行き先 エコノミーからプレミアムエコノミー プレミアムエコノミーからビジネス ビジネスからファースト
0〜2,000 中国全域、韓国など 9,000マイル 12,000マイル 20,000マイル
2,001〜3,500 バンコク、シンガポールなど 15,000マイル 18,000マイル 30,000マイル
3,501〜4,500 ホノルル、ジャカルタなど 15,000マイル 20,000マイル 35,000マイル
4,501〜5,500 ロサンゼルスやシドニーなど 20,000マイル 25,000マイル 40,000マイル
5,501〜 ニューヨークやパリなど 20,000マイル 28,000マイル 45,000マイル

航空会社ごとで必要なマイル数が大きく異なることはなく、9,000〜48,000マイルで座席をアップグレードできます。

座席のアップグレードを現金でおこなうと5万円以上かかるケースも少なくありませんので、50,000マイル以下で交換できるのは嬉しいポイントです。

飛行機に搭乗する機会が少ない人は、各航空会社が提供している電子マネーのポイントや豪華商品などに交換するのもよいでしょう。

国際財務報告基準(IFSR)の任意適用によってマイルの使い道が増える

2021年3月以降、航空業界で以下のようにマイルの使い道が増えています

既存の使い道
新たな使い道
  • 特典航空券
  • 座席アップグレード特典
  • 電子マネーのポイント
  • 豪華商品や体験イベントなど
  • デジタルクーポン
  • グループ旅行で利用できる割引特典航空券
  • 混雑時に追加マイルを払うと予約が可能など

世界各国で国際財務報告基準(IFSR)の適用が進められており、日本国内でも任意適用する流れになってきているからです。

国際財務報告基準(IFSR)とは、国際会計基準審議会(IASB)が世界中で異なる会計の基準を統一するために設定した会計基準の総称のことを指します。

航空業界ではJALが真っ先に取り入れており、2021年3月期より適用を開始しました。

当社グループは、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上とステークホルダーとのコミュニケーションの向上を目的として、2021年3月期から国際財務報告基準(IFRS)を任意適用しております。

引用元:2021年3月期  決算短信〔IFSR〕(連結)-日本航空株式会社(JAL)

国際財務報告基準(IFRS)を任意適用したことで会計処理が変更になり、以前まで売上に含まれていた付与マイルを差し引いて計算する仕様になりました。

IFSRの適用前と適用後

付与したマイルはユーザーが使用しないと売上に計上されないため、マイルが利用されない状況が続けば当期純利益が大幅に減少する可能性があります。

実際に韓国の航空会社であるアナシア航空はマイルの会計処理が変更になり、利益が大幅に減少したことで繰延収益を多めに推定してしまい、不適切会計が発覚する事態となりました。

顧客のマイレージポイントなどをめぐる不適切会計も発覚し、18年12月期の連結売上高は7兆1833億ウォン、最終損益は1958億ウォンの赤字に転落した。

引用元:韓国中堅財閥、アシアナ航空売却へ 同国航空2位 資金繰り悪化で-日本経済新聞

同様の事態を防ぐためにも、上記で紹介したような使い道を増やしてマイルの利用を促しています。

ANAは国際財務報告基準(IFRS)の適用を開始していませんが、強制適用がおこなわれたらJALと同様にマイルの使い道を増やして利用を促す動きに変わることが予想されます。

特典航空券や座席のアップグレード、電子マネーの他にも今後魅力的な特典が増える可能性が高いので、今のうちにマイルを貯めておくのが最適です。

マイラーを目指すために知っておきたいよくある質問を解説

スマホと飛行機

マイルを貯めるなら、事前に貯め方や使い道、有効期限などの基本情報を知っておく必要があります。

何も知らずにマイルを貯めると、有効期限が切れて失効してしまったり希望通りの使い道がなかったりして貯めたマイルを無駄にしてしまう可能性があるからです。

実際にマイルを貯めているマイラー200人にアンケートを取ったところ、147人がマイルを失効したことがあると回答しています。

マイルを失効したことがある
147人
マイルを失効したことはない
53人

当サイトのアンケートは、第三者機関による調査結果および政府による統計データなどを包括して作成しています。コンテンツの根拠についてはこちら

失効して損をしないためにも、事前にマイルの基本情報を把握してから貯めるようにしましょう。

マイルについてのよくある質問と回答を以下にまとめましたので、参考にしてください。

マイルとはなんですか?

マイルとは、航空会社が提供しているポイントプログラムで貯まるポイントのことです。

航空会社ごとに獲得できるマイルが異なり、基本的に他社のマイルと相互利用はできません

日本でマイルを貯めるなら日系の航空会社であるANAとJALのマイルが使いやすいので、どちらの会社で貯めるか事前に決めておきましょう。

クレジットカードで貯まるマイルの種類を教えてください

クレジットカードによりますが、日本で発行されているカードならANAやJALのマイルが貯まるケースがほとんどです。

なかにはMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのように、デルタ航空やユナイテッド航空など海外の航空会社が発行しているマイルを貯められるカードもあります。

クレジットカードでマイルを貯める方法を教えてください

主にショッピングや支払いでマイルを貯めることができます。

航空会社と提携しているブランドなら、グループ便に搭乗するとボーナスマイルがもらえるケースもあります。

マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカードはどれですか?

貯めたいマイルの航空会社と提携しているクレジットカードがおすすめです。

例えばANAのマイルを貯めたい場合は、カードの継続でボーナスマイルがもらえるANAアメリカン・エキスプレス・カードを発行するのがよいでしょう。

JALのマイルを貯めたいなら、初年度無料のJALカード 普通カードを利用すると搭乗ボーナスで1,000マイルを獲得できます。

マイルのお得な使い方はありますか?

特典航空券に交換すると、1マイルあたり1円以上の価値で利用できるためかなりお得です。

他にも座席のアップグレードや電子マネーのポイントに交換しても、1円以上の価値で利用できます。

マイルの有効期限を無期限にする方法はありますか?

有効期限を設定していないクレジットカード会社のポイントをマイルに交換せずに保有しておくと、実質無期限で貯められます

ANA SKY コインやe JALポイントに交換しても有効期限を1年延長できるため、すでにマイルを獲得している人は移行するのがよいでしょう。

クレジットカードを利用すると、普段の買い物や支払いなどで簡単に効率よくマイルを貯められるうえに、実質無期限でマイルを保有することも可能です。

貯めたマイルは1マイル1円以上として特典航空券や座席のアップグレードに交換できるので、お得に空の旅を楽しみたいなら還元率が高いクレジットカードを発行しましょう。