PayPayカードは高還元率でポイントが貯まる!キャンペーンでPayPayボーナス獲得可能

Zホールディングスは2020年7月31日、傘下に置く金融事業会社6社の社名およびサービス名をPayPayブランドに統一すると発表しました。

PayPayとの連携をより強化するため、クレジットカード事業においてはPayPayカードの発行が決定しています。

今までPayPayにチャージできるクレジットカードはヤフーカードのみだったことから、面倒に感じていた人も多いのではないでしょうか。

PayPayカードの発行はまだ開始されていませんが、リリース直後は申し込みが混雑するため情報を先取りして備えておくことが大切です。

この記事では、PayPayカードの発行時期や還元率などを詳しく解説しています。

この記事でわかること
  • PayPayカードの新規申し込みは10月中に開始される
  • PayPayカードのスペックはヤフーカードの改良版
  • ソフトバンクユーザーは還元率が高くなる相性の良いカード
  • PayPayを利用している人は審査で優遇される可能性が高い

PayPayカードの審査や入会キャンペーンについても記載していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

PayPayカードが新しく誕生!2021年10月に新規申し込みが開始される

PayPayのアイコンとクレジットカード

PayPayカード(ペイペイカード)の新規申し込みが始まるのは、2021年の10月中であると予想されます。

Zホールディング傘下の金融事業会社が、PayPayカード発行に向けて動き始めているからです。

例えばジャパンネット銀行は2021年4月5日に社名をPayPay銀行へ変更し、新規顧客獲得に尽力しています。

本日から気持ちをあらたに、PayPayおよびZホールディングスグループとの連携を深め、これまでの強みをPayPay銀行として進化させていきます。

2021年4月5日、ジャパンネット銀行はPayPay銀行としてスタートしました。-PayPay銀行

PayPay銀行の開始と同時期にPayPayカードの新規申込受付を始めると、相乗効果によって利用者の増加が期待できるため、カードが発行される日も近いでしょう。

他にもPayPayカードの発行元であるワイジェイカード株式会社が、ヤフーカードの大規模なシステムメンテナンスを頻繁におこなっている点も理由のひとつです。

PayPayカードの発行に合わせてサーバー移転などの作業が必要になるため、システムメンテナンスの頻度が増えていると考えられます。

PayPayカードが発行される時期は10月中のいずれかで、ヤフーカードのシステムメンテナンス後である可能性が高いです。

ベースとなる同系列のヤフーカードを改善してリリースする

PayPayカード(ペイペイカード)は現在発行されているヤフーカードをベースとし、改良を加えてリリースされます。

Zホールディングスはグループ全体でPayPayを推奨しており、ヤフーカードよりPayPayカードを普及させる狙いがあるからです。

PayPayカードの発行が決定しているワイジェイカード株式会社は、今後PayPayとの連携を強化していくとともに商号をPayPay株式会社にすると発表しています。

このたび、ZHD傘下の金融事業会社として、当社が提供するサービスについても「PayPay」との連携を強化し、クレジットカード事業を成長させていくとともに、わかりやすい名称とすることでユーザーに親しみをもってサービスをご利用いただきたいという思いのもと、商号を「PayPay」ブランドに変更することとしました。

商号変更に関するお知らせ – ワイジェイカード株式会社

現在ワイジェイカード株式会社は、PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカードとしてヤフーカードを発行しています。

しかし付与されるポイントの一部がTポイントであるなど、PayPayとの連携が完璧とはいえません。

ヤフーカードを利用した際に付与されるポイントを以下にまとめましたので、参考にしてください。

利用項目 付与されるポイント
ショッピング 1%のTポイント
Yahoo! JAPANのサービス 2%のTポイント
1%のPayPayボーナス
新規入会キャンペーン 最大7,000円分のPayPayボーナス

PayPayにチャージできる唯一のクレジットカードでありながら名称がヤフーカードという点や、還元されるポイントの種類にばらつきがあるなど、今のままではPayPayとの連携が不十分です。

上記の発表にもあるようにPayPayカードはヤフーカードに比べて、より一層PayPayとの連携を強固にしたものになると予測されます。

年会費無料のスペックは継続?生活への取り入れやすさを重視

ヤフーカードの年会費情報

PayPayカードは現在発行されているヤフーカードと同様に、年会費無料になると考えられます。

PayPayユーザーにとってPayPayは生活の一部であり、PayPayカードの年会費が有料になると利用者が増えづらくなるからです。

PayPayカードがターゲットにしているPayPayユーザーは電子マネー世代の若者も多く、収入がそこまで多くないため年会費有料のカードはハードルが高くなります。

カード会社が若年層の利用者を取りこぼしたくないと考えれば、必然的に年会費無料にするでしょう。

クレジットカードで購入した商品は年間100万円まで補償してもらえる

PayPayカード(ペイペイカード)はヤフーカードの改良版になると考えられるため、付帯保険では同等かそれ以上の補償が受けられると予想されます。

例えばヤフーカードに付帯しているショッピングガード保険を利用すると、90日以内に購入した商品を100万円まで補償してもらえます。

ショッピングガード保険の詳細は、以下のとおりです。

補償対象商品 商品価格が10,000円(税込)以上のもの
支払い限度額 1,000,000円
免責金額 3,000円
担保期間 購入日より90日間
対象となる利用 国内または海外でのヤフーカードによるショッピング利用

引用元:ショッピングガード保険 詳細 – Yahoo!カード

商品の購入を補償してもらえると、ネットショッピングのリスクも少なくなります。

ショッピングガード保険の利点は、新品はもちろん中古品を購入した際でも保険金を受け取れることです。

中古品購入に対して補償があると、系列会社が運営するオークションサイトのヤフオクも安全に使えます。

ヤフオクやPayPayフリマなどのサービスをユーザーが使いやすいように、PayPayカードはショッピング保険も充実したものにするでしょう。

1~2回払いやボーナス払いは手数料が0円で無駄な出費を抑えられる

PayPayカードはヤフーカードの基本的なスペックを受け継ぐため、1~2回払いやボーナス払いを手数料無料で利用できる可能性が高いです。

PayPayカードの1~2回払いやボーナス払いを選択すると手数料を支払う必要がないため、無駄な出費を抑えられます。

クレジットカードを利用してショッピングする際、支払い方法で分割払いやリボ払いを選択すると手数料が発生します。

1回払いとボーナス払いはどのクレジットカードでも手数料無料ですが、2回払いも無料のクレジットカードは多くありません。

PayPayカードは2回払いも手数料無料ですので、利用金額の半分を翌月にまわして一時的な家計の圧迫を防げるところも魅力のひとつです。

引き落とし日は翌月27日だから給料日前の支払いを回避できる

PayPayカードは大衆に寄り添うことで一段と支持される存在を目指していることから、引き落とし日を27日に設定すると考えられます。

世間の給料日は25日であることが圧倒的に多く、27日に引き落とされると給料日前の支払いを回避できる人がほとんどだからです。

引き落とし日が給料日前だとお金に余裕がなく、残高不足で引き落とされないケースに結びつきます。

実際にPayPayカードの発行元であるワイジェイカード株式会社では、残高不足で引き落とせない人を減らす目的でヤフーカードの引き落とし日を27日に設定しています。

PayPayカードの発行において変更する可能性は限りなく低いため、引き落とし日は27日になるでしょう。

発行までの待ち時間は約1週間で急いでいる人にも最適

ヤフーカードは、申し込んでから約1週間で自宅にカードが届きます。

PayPayカードもヤフーカードと同様のワイジェイカード株式会社から発行されるため、発行までの待ち時間は約1週間であると予想されます。

発行に約2週間かかるクレジットカードが多いなか、約1週間で届くPayPayカードは急いでいる人にも最適です。

ただしリリース直後で申し込みが殺到した場合は、時間がかかる可能性もあるので覚えておきましょう。

ゴールドカードは発行されない?狙っている顧客層は一般ユーザー

クレジットカード会社は、一般カードよりランクの高いゴールドカードを発行している場合がほとんどです。

しかしワイジェイカード株式会社はゴールドカードの発行をしていないため、PayPayカードも同様になると考えられます。

ヤフーやPayPayのサービスを利用する一般ユーザーは、ステータスよりも利便性の高さやコストパフォーマンスの良さを重視しており、年会費のかかるゴールドカードは需要がないからです。

カードの種類を増やすと広告費や人件費などの費用がかかり、入会者数が少なければ会社にとっての利益はありません。

需要のないところに労力を使う利点はないため、PayPayのゴールドカードが発行される可能性は低いです。

ステータスを重視するのなら、d払いとdカードGOLDのような組み合わせを選んだほうがいいかもしれません。

PayPayカード(ペイペイカード)の還元率は1.0%以上!PayPayの支払いが最もお得

PayPayの支払い画面

PayPayカード(ペイペイカード)の還元率は、現在発行されているヤフーカードと同様の1.0%かそれ以上になると予想されます。

ユーザーはPayPayカードを使ってペイペイ残高にチャージすることで、一段と還元率が高くなるクレジットカードを望んでいるからです。

PayPayカードと称しながら還元率がヤフーカードより低ければ、ユーザーが魅力を感じるクレジットカードにはなり得ません。

カード会社はPayPayカードの入会者を獲得するために、PayPayと合わせて利用すると還元率が上がるなどの制度を設けるでしょう。

PayPay残高にチャージして利用すると最大2.5%のPayPayボーナスがもらえる

PayPayカード(ペイペイカード)はPayPay残高にチャージして利用することで、最大2.5%のPayPayボーナスがもらえると考えられます。

現在はPayPay残高へのチャージでPayPayボーナスをもらうことはできませんが、PayPayカードでは実現する可能性が高いといえます。

PayPayはPayPay残高にチャージして支払うと、利用状況によって還元率が上がる仕組みになっているからです。

還元率が上がる条件を調査した結果を以下にまとめましたので、参考にしてください。

基本付与分 0.5%
Yahoo! JAPAN対象サービス +0.5%
1ヶ月で100円以上の決済が50回以上 +0.5%
1ヶ月の利用金額が10万円以上 +0.5%
PayPay残高へのチャージ +0.5%
合計 2.5%

PayPay残高での支払いによる還元率は0.5%ずつ上がるため、チャージした際に付与されるPayPayボーナスも0.5%アップし、合計で最大2.5%もらえると予想できます。

他にも理由のひとつとして、au PAYカードなどのライバル関係にあるクレジットカードが、自社の電子マネーにチャージしてポイントを貯められる仕様にしている点が挙げられます。

PayPayカードがメインユーザーにしたい層はPayPay利用者であるため、他社のクレジットカードと同様にチャージで還元されるシステムを作るでしょう。

公共料金や税金がPayPay残高で支払い可能になったのでポイントを貯めやすい

PayPayはPayPay残高を利用して、公共料金や税金を支払えるサービスを開始しました。

実店舗の利用だけでなく、公共料金などの固定費を支払ってもPayPayボーナスがもらえます。

PayPayカードからチャージしたPayPay残高を利用すると還元率が1.0%になるため、公共料金を支払うだけでポイントが貯まりやすくなります。

実際にPayPayカードでチャージしたPayPay残高で1ヶ月分の公共料金を支払った場合の獲得ポイントを、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

項目 利用金額 獲得ポイント
電気代 10,000円 100ポイント
ガス代 5,000円 50ポイント
水道代 5,000円 50ポイント
携帯電話料金 8,000円 80ポイント
NHK受信料 2,000円 20ポイント

PayPayカードからチャージしたPayPay残高で公共料金を支払うと、1ヶ月で300ポイントが貯まります

年間で計算すると3,600ポイントにものぼるため、現金や銀行引き落としで公共料金を払っている人はPayPayカードからPayPay残高にチャージして支払う方法に切り替えるのが賢明です。

ソフトバンクユーザーは日曜日にPayPayモールで買い物すると22%以上還元

ソフトバンクユーザーは、毎週日曜日にPayPayモールで買い物すると最大22%のPayPayボーナスが還元されます。

現在は22%の還元を受けるためにヤフーカードの利用が必須になっており、のちにPayPayカード(ペイペイカード)も同様なポジションになると考えられます。

他のネット通販と迷う人もいるかもしれませんが、ソフトバンクユーザーであればPayPayカードとPayPayモールを利用するのが最もお得な方法です。

Amazonや楽天市場とPayPayモールを比較して以下にまとめましたので、参考にしてください。

表ではタイガーのオーブントースター、(KAE-G13N)を購入した場合の料金や獲得ポイントを比較しています。

最安値 獲得ポイント 実質金額
PayPayモール 4,320円 950pt(還元率22%の場合) 3,370円
楽天市場 4,620円 230pt(楽天会員の場合) 4,390円
Amazon 5,354円 54pt 5,300円

購入する商品によって安いサイトは変わりますが、毎週日曜日に最大22%還元される点はソフトバンクユーザーであることの強みです。

ただし22%の還元率にするにはクレジットカードの利用が必須になるため、ソフトバンクユーザーはPayPayカードを作ったほうが良いでしょう。

Yahoo!ショッピングでPayPay残高から支払うと誰でも13%のポイント還元を狙える

ヤフーショッピング

PayPayカードからチャージしたPayPay残高を使ってYahoo!ショッピングの支払いをすると、誰でも最大13%のポイントが還元されます。

ただし還元率を13%にするためには、現在発行されているヤフーカードや今後発行されるPayPayカードの利用が条件のひとつになります。

Yahoo!ショッピングで還元率を13%にする条件は、以下のとおりです。

PayPayとヤフーの連携 +2%
対象サービスの利用 +1%
クレジットカードの利用(ヤフーカード、PayPayカード) +1%
プレミアム会員 +2%
PayPay残高で支払い +1%
ストアポイント +1%
毎週日曜日 +5%

PayPayを利用している人はPayPayカードを作って残高にチャージし、日曜日にYahoo!ショッピングで買い物すると、もらえるポイントが多くなります。

PayPayカードは年会費無料ですので、PayPay残高へのチャージや還元率をよくするために作っておいて損はありません。

新規入会キャンペーンで10,000円相当のPayPayボーナス獲得が期待できる

PayPayカード(ペイペイカード)の新規入会キャンペーンでは、10,000円相当のPayPayボーナスがもらえる可能性が高いです。

ワイジェイカード株式会社はPayPayカードを普及させたい考えがあるため、現在発行しているヤフーカードより大規模な新規入会キャンペーンをおこなうと予想されます。

ヤフーカードは過去に新規入会特典で10,000円相当のTポイントをプレゼントしていたことがあり、現在は7,000円相当のPayPayボーナスを付与しています。

PayPayカードの新規顧客を掴みたい時期に、ヤフーカードが現在おこなっているキャンペーンを下回るとは考えられません。

PayPayカードの新規入会特典でもらえるのは、10,000円相当かそれ以上のPayPayボーナスになるでしょう。

Tポイントの付与は廃止される見込み!全てPayPayボーナスで還元される予想

PayPayボーナス画面

現在ヤフーカードを利用して還元されるのは、TポイントとPayPayボーナスの2種類です。

しかしPayPayカードはTポイントが付与される特徴を受け継がず、全ての還元をPayPayボーナスでおこなうと予想されます。

会社側はPayPayを普及させたい目論見があり、Tポイントより自社の電子マネーであるPayPayで還元したいと考えているからです。

利用者からしてもTポイントよりPayPayボーナスのほうが使いやすく、全額PayPayで還元してほしい人は多いでしょう。

Tポイントの付与を廃止して全てPayPayボーナスで還元することは、両者の理にかなっているといえます。

PayPayカードの審査難易度は?リリース直後は条件を緩和する可能性が高い

PayPay

PayPayカード(ペイペイカード)はリリース直後の一定期間、審査の条件が緩和されると予想されます。

カード会社は一般的に、公表後しばらくの間は利用者の増加を目指して審査に通りやすくしているからです。

リリース直後に審査基準を厳しくすると、会社側は優良顧客になり得る利用者を逃してしまいます。

リリース直後は大々的に広告を打ち出すことで話題になるため、カード会社にとって新規顧客を獲得する1番のチャンスです。

顧客獲得のチャンスであるリリース直後は、カード会社が審査に対して前向きになるでしょう。

公表から時間が経過して充分な顧客が集まると条件を厳しくする可能性もあるため、確実にPayPayカードの審査に通りたい人はリリース直後の申し込みが狙い目です。

そもそも流通系のクレカは審査難易度を下げている傾向にある

クレジットカードは銀行系や信販系などの系統があり、発行元のカード会社によって審査難易度が異なります。

PayPayカードは流通系カードに当てはまるため、審査基準はそれほど厳しくありません

流通系カードの発行元はスーパーマーケットなどの生活に密着した小売業であり、若年層や専業主婦など幅広い層をターゲットにしているからです。

系統ごとに入会対象者となる職業を調査した結果をまとめましたので、参考にしてください。

系統 クレジットカード 学生 専業主婦 アルバイト 無職
銀行系 三井住友カード(NL) ×
MUFGカード スマート ×
信販系 Orico Card THE POINT
ライフカード
流通系 イオンカードセレクト
楽天カード
消費者金融系 ACマスターカード ×

例えばイオンカードセレクトや楽天カードは上記全ての職業が入会対象となり、審査に前向きな姿勢が伺えます。

PayPayカードは流通系に分類されるため、幅広い層の人が作りやすいクレジットカードです。

PayPayアプリの利用状況が良ければ優遇してもらえる

PayPayの利用状況

PayPayアプリの利用状況が良い人は、PayPayカードの審査で優遇してもらえると考えられます。

PayPayアプリを常用していて利用状況が良い人は、カード会社側にとって利益につながりやすいからです。

実際にPayPayと同じキャッシュレスアプリであるFamiPayは、2021年夏に開始するローンサービスでアプリの利用状況を審査に反映すると発表しました。

会社では、新生銀行のグループ会社や東京のIT企業と協力してコンビニでの買い物の履歴などをAIで分析し客の返済能力の事前審査に役立てるということです。

スマホ決済アプリで「後払い」導入へファミリーマート | IT・ネット | NHKニュース

さらにメルペイの定額払いを申し込む際の審査でも、アプリの利用状況や取引実績が判断材料になっています。

現在まで問題なくPayPayを使ってきた人は会社側からの信頼が厚いため、アプリの利用状況が良ければ審査で優遇されるでしょう。

Zホールディングスのサービスを他にも利用していると評価がプラスになる

PayPay銀行やPayPay証券といったZホールディングスのサービスを他にも利用している人は、審査でプラスの評価をしてもらえます

同じ親会社のサービスを今まで利用してきた経歴は信用の証であり、カード会社にとって優良顧客になる可能性が高いからです。

PayPayアプリのメイン画面では、支払い以外にも様々なサービスが利用できるようになっています。

現時点でPayPayアプリに紐づいている代表的なサービスは、以下のとおりです。

  • 銀行口座登録
  • ボーナス運用
  • 請求書払い
  • UberEats
  • PayPayモール
  • PayPayフリマ
  • Tカード
  • マイナポイント
  • タクシー配車

PayPayはオールマイティなアプリを目指してるため、今後さらに数多くのサービスを導入して発展していくと思われます。

利用者の存在は発展するために欠かせないので、Zホールディングスのサービスを使っている人はPayPayカードの審査で優遇されるでしょう。

PayPayカードに申し込む予定の人は、PayPay銀行の口座開設などをしてもいいかもしれません。

今後発行されるPayPayカードや他のPayPayサービスを利用し、一層キャッシュレス化の波に乗ってはいかがでしょうか。