Now Loading...

close

保険に関するQ&AQ & A

保険マメ知識

  • 保険はどのように始まったのですか?

    【保険は助け合いの制度から生まれた】

    ---生命保険---

    ■生命保険は「ギルド」から始まった!?
    「ギルド」という言葉を聞いたことがありますよね。歴史で習ったあの「ギルド」。中世のヨーロッパで、親方や職人、徒弟によって組織された同業種の自治組合です。生命保険の始まりには色々な説がありますが、この「ギルド」内で、生活に困った時に支え合ったのが始まりと言われています。
    ■万が一の時のためにお金を出し合った
    誰かが病気になったり亡くなった時など、万が一の時、お互いが助け合うために、商人や職人など、同じ仕事をしている仲間同士で、お金を出し合っていました。お葬式代をはじめ、遺族が生活するためのお金、事業に失敗した人に対しては、事業を再興する費用に使われるなど、補償の範囲は広かったようです。
    ■近代的な生命保険制度の発祥の地はロンドン
    1762年、ロンドンで設立された生命保険会社「Equitable」から今の生命保険制度になりました。「Equitable」はロンドンの死亡統計から年齢・性別による死亡者数の比率を予測し、死亡率を算定。平準払い(保険料が一定)の終身保険を当時から採用していたようです。加入者の選択方法や保険金額をどう制限するか、決算時の契約者への利潤の分配(今で言う契約者配当金)の仕方などを20年間で構築したと言われています。

    ---損害保険---

    ■損害保険は「海上」で生まれた!?
    損害保険の始まりは、古代ギリシャ時代まで遡ります。海上輸送には、嵐や海賊など予期せぬ危険があり、万が一遭遇した場合には、船と乗組員を守るためにやむを得ず積荷を海に捨てることもありました。その損害は、荷主と船主で負担するという習慣が生まれ、これが保険の考え方の始まりと言われています。
    ■金融会社が手数料を支払う制度に
    その後14世紀になるとイタリアの商人たちが新しい仕組みを導入。航海に失敗した時には金融業者が積荷の代金を支払い、航海が成功した時には船主などが金融業者に手数料を支払うというもので、それが「海上保険」に発展したようです。
    ■海から陸に上がり、近代的な保険が誕生
    次の段階で、火災や盗難などの陸上の生活での危険に対し、みんなで力を合わせて助け合おうという制度がイギリスやドイツで誕生。そして、1666 年9月のロンドン大火を契機に火災保険が登場したようです。これは、過去の火災発生率と現在の建物数から保険料を設定したりするなど、近代的な火災保険の原型となるものだと言われています。

  • 貯金と保険の違いは何ですか?

    貯金は三角、保険は四角。

    万一の時の備えを考えていた二人、Aさんは貯金で、Bさんは定期保険で準備を始めたとします。二人は大の仲良しで、山男。一緒に山に登って遭難し、同じ時期に亡くなりました。下の図はその時のご家族に残された財産の比較。Aさんのご家族は「積立残高+利息」が受取金額、Bさんの方は「加入していた保険金額」が受取金額になります。

  • 生命保険を考えるベストなタイミングとはいつですか?

    一般的にはライフステージに合わせて見直しをするのがベターですが、それだけで大丈夫!?

    損害保険の契約は「家を買った」「車を買った」「旅行に行く」など、必要なタイミングは明確ですが、生命保険はそう簡単にはいかないようです。生命保険には様々な種類があります。保障と貯蓄を兼ね備えた養老保険、保険料が安い掛け捨て型の定期保険、生涯保障が続く終身保険、老後のくらしに備えた年金保険、病気やケガで入院したり手術をした場合の医療保険など。また、生命保険に入るタイミングは、ご自分とご家族のライフステージや、公的医療保障制度の変更など社会保障制度の変化に応じて、適切な保障を選ぶことが大切です。

    一一一一一独身・結婚・子供の誕生・子供の独立一一一一一

    ライフステージは大きく4つに分かれます。独身時代は自分への備えとして医療保険に、結婚後は万が一の場合に備え、残された家族の生活費を確保するための死亡保障を用意します。お子様が生まれたら、ご家族の生活費とお子様の養育費・教育費を確保するために保障を大きくします。そしてお子様の独立によって、今度は夫婦の人生の第二ステージに備えます。

    ■ライフステージに合わせてチェック! 見直しタイミング・エトセトラ
    ・独身
    まずは自分がケガや病気になった時のことを考えて、医療保険を中心に準備しましょう。また、死亡保障については、万一のことや事故などによる高度障害に備えることが大切です。
    ・結婚
    夫は死亡保障を重視した保険に加入します。同様に入院保障も見直して、突然の病気やケガによる入院・手術などにも備えましょう。
    ・お子様の誕生
    万が一の場合、残された家族の生活費や子供の養育費・教育費が用意できるよう、夫の死亡保障額を増額します。収入が減ることも考え合わせて、それをカバーする医療保険や収入保障保険、所得補償保険を選ぶことも大切です。
    ・お子様の独立
    豊かな老後のための資金準備を考えます。公的年金だけでは不足する生活費を個人年金保険で準備することが必要です。年齢が上がると病気やケガの頻度も高まりますから、入院保障の見直し、支払限度日数の確認も大切です。


    一一一一一生命保険の世界も日進月歩。定期的な見直しを一一一一一

    「保険に入ったからもう安心!」と放っておいてはお金の無駄遣いになる可能性も。日進月歩で進化するのはデジタルの世界だけではありません。保険も同じこと。今加入中の保険より保障のよい商品や保険料のお得な商品が続々登場しますので、アンテナを張って、定期的に見直すのも良いかもしれません。

  • 保険の加入方法にはどんなものがありますか?

    来店型店舗・営業職員・銀行・代理店、そしてインターネット。保険に入るにはいろいろな方法が!

    生命保険文化センターの調査(財団法人 生命保険文化センター「生活保障に関する調査/平成28年度」より)によると、男性では80.6 %、女性では81.3%の人がなんらかの保険に加入しているそうです。多くの方が加入している生命保険、皆様ならどのように加入されますか?以前は、職場などに来ていた保険会社所属の営業職員の方から加入したり、親類・知人から紹介されての加入が一般的でしたが、最近は「来店型ショップ」「銀行」「代理店」、そして「インターネット」など、色々なルートから保険に加入できるようになりました。ぜひ皆様も、それぞれの特徴とご自身の希望にあったところをお選びください。

    --------- あなたはどこから加入しますか? ---------

    ■代理店
    ・特定の保険会社に属さない独立した法人または個人
    ・複数の保険会社の商品を取り扱うことが多い
    ・お客さまの家族構成や年齢、年収などに応じて適した保険を設計するのが得意。近年増えている「来店型ショップ」では、お客さまが店舗に直接訪問し相談できる

    ■来店型店舗
    ・複数の会社の商品を扱っている
    ・お客さまが店舗に直接訪問し相談できる
    ・お客さまの家族構成や年齢、年収などに応じて適した保険を設計するのが得意
    ・どの店に行っても同じようなサービスが受けられる

    ■国内営業職員
    ・保険会社専属の社員
    ・所属する保険会社の商品のみを取り扱う
    ・結婚や出産、就職など、お客さまのくらしの節目節目に保険を案内するのが得意。

    ■外資系営業職員
    ・保険会社専属の社員
    ・所属する保険会社の商品のみを取り扱う
    ・お客さまの家族構成や年齢、収入などに応じて保険をコンサルティングするのが得意

    ■銀行
    ・普段利用している店舗で相談できるので便利
    ・複数の保険会社の商品を取り扱う
    ・お客さまが店舗に直接訪問し相談できる

    ■インターネット
    ・ネットを通じての情報提供や資料請求の受け付けを行っている
    ・資料請求による通信販売やインターネットによる申し込みを行っているサイトも
    ・保険会社が運営するものから代理店が運営するものまで、多くのサイトが開設されている